当社元社員の逮捕について [SMBC日興証券株式会社]

2018/12/07  株式会社 三井住友フィナンシャルグループ 


2018 年 12 月 7 日
SMBC日興証券株式会社

当社元社員の逮捕について

当社元社員が、お客さまの証券口座の勘定を不正に操作し、出金した資金を着服していたとして、電子計算機使用詐欺の容疑で、警視庁に逮捕されていたことが、本日判明しました。

本件発生当時、当該元社員は支店の内部管理を担う総務課長として勤務しておりました。当社といたしましては、このような立場の社員が本件事案を引き起こしたことについて、大変重く受け止めており、お取引をいただいているお客さまをはじめ関係者の方々に多大なご心配、ご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

本件につきましては、2018 年 5 月の事態発覚後、直ちに警察に相談し、捜査に全面的に協力しております。また、社内調査も実施し、事態解明・原因究明・再発防止策策定などを行ってまいりました。不正行為の被害に遭われたお客さまに対しては、事態説明・謝罪・被害回復等の対応を進めております。なお、当該元社員につきましては、2018 年 10 月に懲戒解雇し、その後、刑事告発しております。

当社では、別紙のとおり、かかる事案の予防・発見機能の強化、社員の規律の一層の引き締めなどを通じ、全社を挙げて再発防止に取り組んでまいります。

以 上

別紙

再発防止策の要旨

1.事務手続き・システムについて

本件の不正手続きを含め、不正につながるリスクのある事務手続きを抽出し、当該手続きを見直すとともに、本社部門によるモニタリングも見直し、強化しました。

2.内部監査について

本件の手口を含め、不正につながるリスクの高い取引を重点的に検証するよう、臨店監査・オフサイトモニタリングの手法を見直し、強化しました。

3.人事管理について

従業員の規律意識の醸成・徹底をはかりました。
-全従業員に対して、倫理・不正行為の類型・不正行為発覚時の処分等を周知いたしました。

管理者の意識・管理スキルの強化(部下の異常検知の手法、管理者としての基本的動作の徹底)をいたしました。

以 上

関連業界