新規上場の承認(TOKYO PRO-BOND Market):ING Groep N.V. / ING Bank N.V. 総額1,354億円の債券

2018/12/07  株式会社 日本取引所グループ 

2018/12/07 東証 新規上場の承認(TOKYO PRO-BOND Market):ING Groep N.V. / ING Bank N.V. 総額1,354億円の債券 ツイート

東京証券取引所は、当社のプロ投資家向け債券市場であるTOKYO PRO-BOND MarketへING Groep N.V.より総額1,267億円の債券(5年債:1,075億円(利率0.848%)、10年債:192億円(利率1.169%))及びING Bank N.V.より総額87億円の債券(3年債(利率0.264%))の上場申請を受け、本日、これを承認したことをお知らせいたします。

ING Groep N.V. / ING Bank N.V.

同社は、2012年3月30日に債券を発行するためのプログラム情報を上場しています。同プログラムに基づき、ING Bank N.V.においては4回目、ING Groep N.V.においては初回の個別債券の上場となります。当債券の主幹事証券会社はJPモルガン証券株式会社、SMBC日興証券株式会社、みずほ証券株式会社、野村證券株式会社、及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社です。2018年12月13日に払込が完了し、同月14日に上場する予定です。なお、当債券の発行条件の詳細は、TOKYO PRO-BOND Marketのウェブサイトに掲載されている情報をご覧ください。

公表情報

TOKYO PRO-BOND Marketについて

TOKYO PRO-BOND Marketは、2008年の金融商品取引法改正で導入された「プロ向け市場制度」に基づき、2011年5月に新設されたプロ投資家向け債券市場です。海外市場で一般的な社債発行形態であるプログラム上場や英文のみでの情報開示を導入しております。プログラム上場とは、資金調達を予定している発行体が、起債可能枠、基礎的な情報や財務情報をTOKYO PRO-BOND Marketにプログラム情報として事前に登録し、その後、起債予定額の範囲内で随時債券を発行することができる仕組みです。開示書類の簡素化による起債手続きの効率化や、プログラム情報や個別債券の上場適格性要件を格付けの取得及び当取引所が定める主幹事証券会社の確保という簡易な形式要件で充足させるなど、自由度の高い制度を採用しています。
詳細につきましてはTOKYO PRO-BOND Marketのページをご覧ください。

TOKYO PRO-BOND Market

お問合せ

株式会社東京証券取引所 上場推進部
電話:03-3666-0141(代表)


一覧に戻る

関連業界