集団かぜ発生状況(平成30年12月7日)(NO.5)(健康推進課)

2018/12/07  石川県  



(NO.5)
県内の集団かぜの発生状況は、次のとおりです。
1 初発施設における本日の措置状況 (平成30年12月7日(金)措置分)
(1) 初発1施設
(2) 患者数
17 名
施設別の発生状況 裏面のとおり
2 初発施設における現在までの措置状況(累計)
(1) 発生施設数
注:同一施設で措置を変更した場合は、
措置状況 休校
施設
休校、学年閉鎖、学級閉鎖の措置の
学年閉鎖
施設
規模の大きい方に変更してあります。
学級閉鎖
5 施設

5 施設

(2) 患者数
76 名
注:患者数及び在籍者数は、措置を
在籍者数
177 名
取ったクラス等の初発報告の累計
3 既発施設における本日の措置状況 裏面のとおり
(参考1)
集団かぜの発生状況は、インフルエンザ様疾患(※)による欠席等により、学級閉鎖等の措置をとった場合の報告です。 ※ インフルエンザ様疾患:38度以上の発熱かつ急性呼吸器症状(鼻汁若しくは鼻閉、咽頭痛、 咳のいずれか1つ以上)を呈した場合をいう。
(参考2)
インフルエンザの予防のために
① 流行前のワクチン接種
② 咳エチケット
○咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむ け1m以上離れる。
○呼吸器系分泌物(鼻汁・痰など)を含んだティッシュをすぐに蓋付きの廃棄 物箱に捨てられる環境を整える。
○咳をしている人にマスクの着用を促す。
○マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用する。
③ 外出後の手洗い
④ 室内の適度な湿度の保持(50~60%)
⑤ 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
⑥ 人混みや繁華街への外出を控える
石川県ホームページの「季節性インフルエンザについて」に、予防情報等を掲載しています。
集団かぜ発生状況(平成30年12月7日)
平成30年12月7日
石川県健康福祉部健康推進課
課 長 相川 広一
電話 076-225-1435 内線4130


施設別発生状況
初発施設における本日の措置状況
(平成30年12月7日措置分)
学年・クラス名
在籍者数(人) 患者数(人)
措置
(期間)
1金沢市額乙丸町
4年2組
3417学級閉鎖
(12/7)
4年生は全2クラス
3417既発施設における本日の措置状況
(平成30年12月7日措置分)
所 在 地
措置を取ったクラスの状況
施 設 名
施 設 名
金沢市立額
ヌカ
小学校
備 考
区 分
学年閉鎖 ( 0 施設 )
学級閉鎖 ( 0 施設 )
休 校 ( 0 施設 )