県内都市の将来像を審議~第187回群馬県都市計画審議会を開催します~

2018/12/07  群馬県庁 生活協同組合 

最終更新日:2018年12月7日 印刷

【12月7日】県内都市の将来像を審議~第187回群馬県都市計画審議会を開催します~(都市計画課)

群馬県では、県内都市の将来像を決定するため、都市計画区域区分の変更及び都市計画道路の変更について審議を行う「都市計画審議会」を開催しております。
以下の日程により審議会を開催しますので、傍聴を希望される方は、審議会当日の午後1時15分までに群馬県庁7階審議会室までお越しください。

1. 開催日時

平成30年12月18日(火) 午後1時30分 開会

2.開催場所

審議会室(群馬県庁7階)

3. 傍聴定員

10名
開会15分前までに会場へお越しください。
なお、開会の15分前の時点において傍聴希望者が定員を超えている場合は抽選となります。
ただし、審議議案について群馬県都市計画審議会が当日に非公開と決定した場合には傍聴できませんので、あらかじめ御承知おきください。

4. 審議議案

第1号議案 高崎都市計画道路の変更(3・4・62号前橋箕郷2号線の変更)について

高崎市が、交差する高崎都市計画道路3・5・68号東国分金古線を廃止することと なったため、3・4・62号前橋箕郷2号線との交差点部の幅員を変更するものです。

第2号議案 榛名都市計画道路の変更(3・6・1号榛名幹線ほか1路線の変更)について

榛名都市計画道路3・6・1号榛名幹線は、西毛広域幹線道路の一部を担い、県央地域と西毛地域を結ぶ主要幹線道路です。
今回、地域の主要な生活道路である高崎市道からのアクセス道路を西毛広域幹線道路に接続させ、地域住民の交通利便性向上を図るとともに、3・4・2号里見幹線(国道406号)へのアクセス道路について、経済性の考慮や周辺土地利用への影響を最小限とするため、ランプ形状とするとともに交差点位置を変更するものです。

第3号議案 太田都市計画道路の変更(3・3・7号太田妻沼線ほか1路線)について

太田都市計画道路3・3・7号太田妻沼線及び3・5・20号矢場古戸線について、交差点形状を見直した結果、丁字交差から一般県道新堀尾島線と接続した十字交差に変更するため、当該部の線形変更を行うとともに、歩道幅員の見直しを行うものです。

第4号議案 館林都市計画区域区分の変更(明和入ヶ谷南工業団地の決定)について

本地区は、群馬県が定める東毛広域都市計画区域マスタープランにおいて産業拠点に位置付けられており、将来性のある企業の誘致に向けた工業基盤の整備に努めることとしています。
しかし、既存工業団地では、余剰地がない状況であり、企業進出の需要に対応するため、既存工業団池の拡張を計画しているものであり、明和町土地開発公社による工業団地造成の実施が確実になったことから、概ね10年以内に優先的かつ、計画的に市街化を図るべき区域として市街化区域への編入を行うものです。