Quebrada Blanca(ケブラダ・ブランカ)銅鉱山の権益取得について

2018/12/05  住友金属鉱山 株式会社 


2018 年 12 月 5 日
住友金属鉱山株式会社
住友商事株式会社

Quebrada Blanca(ケブラダ・ブランカ)銅鉱山の権益取得について

住友金属鉱山株式会社(東京都港区、代表取締役社長 野崎 明)および住友商事株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 兵頭 誠之)は、カナダの資源メジャー企業であるテック・リソーシズ社(Teck Resources Limited 本社:カナダ ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市、以下「テック社」)が保有する Quebrada Blanca銅鉱山(チリ共和国第Ⅰ州、以下「QB 銅鉱山」)の権益のうち 30%について、住友金属鉱山が 25%、住友商事が 5%の権益を取得することでテック社と合意に至りました。

住友金属鉱山および住友商事は、テック社と 1997 年から 2009 年までポゴ金鉱山(米国アラスカ州)を共同経営するなど、長年にわたりパートナーシップを維持しております。

今回テック社は、保有する QB 銅鉱山の 90%の権益の中から 30%を売却することとなり、住友金属鉱山と住友商事が応じることとなりました。

同鉱山は現在の開発計画(Quebrada Blanca フェーズ 2 プロジェクト、以下「QB2」)により 2040 年代後半まで生産が可能です。さらに、QB2 の開発対象となる鉱床の下部にも豊富な資源量を有していることから、QB 銅鉱山の拡張とマインライフの延長計画についてテック社と共同で長期的に検討してまいります。

住友金属鉱山および住友商事は QB 銅鉱山について、従来のテック社とのパートナーシップや、住友金属鉱山の資源開発技術などにより、権益を保有するモレンシー銅鉱山(権益比率:住友金属鉱山 25.0%、住友商事 3.0%)やセロ・ベルデ銅鉱山(同:住友金属鉱山 16.8%、住友商事 4.2%)と比肩するワールドクラスの銅鉱山となることを期待しております。

本権益取得は、必要な許認可の取得を前提として 2019 年 4 月末までの完了を予定しており、権益取得に係る対価 8 億米ドルに加え、建設工事費に対応する 4 億米ドルを2019 年中に支払います。また、今後 QB2 における鉱石処理量が一定の増産を達成する場合は 0.5 億米ドルをテック社に支払います。将来、QB 銅鉱山の大規模な拡張工事に住友金属鉱山および住友商事が参入を決定する場合には QB 銅鉱山の評価額の増大に対して、相当額の負担すべき資金を支払うこととしております。

住友金属鉱山は長期ビジョンにおいて銅権益生産量 30 万トン/年を目標としており、QB 銅鉱山の生産開始により、その目標を達成する見込みとなります。

住友商事は、QB銅鉱山事業の運営に参画し、資源の安定供給のみならず地域経済の発展に貢献するべく、パートナーと共に尽力してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.smm.co.jp/news/release/uploaded_files/20181205_J.pdf

関連業界