消費者動向調査No.123「ボーナスに関する調査」アンケート結果

2018/12/05  株式会社 西日本シティ銀行 

2018 年 12 月 5 日

消費者動向調査 No.123「ボーナスに関する調査」アンケート結果

西日本シティ銀行(頭取 谷川 浩道)は、消費者動向調査を定期的に実施しています。
今般、西日本フィナンシャルホールディングス(社長 谷川 浩道)の子会社であるNCB リサーチ&コンサルティング(社長 石田 保之)と共同で、「ボーナスに関する調査」を実施し、調査結果がまとまりましたので、概要をお知らせします。



「 ボ ー ナ ス に 関 す る 調 査 」
調査時期:2018 年 11 月
調査対象:福岡県内のボーナスがある家庭の500 人
(うち男性242 人、女性 258 人)

調査結果要約

今年の冬のボーナス、昨年冬と比較して「多くなる」は 13.8%。 (調査結果本文2P)

冬のボーナスの使いみち予定、1 位は「貯蓄」で 58.0%。2 位は「生活費の 補てん」で 29.4%。 (調査結果本文3P)

ボーナスを貯蓄・投資(運用)する目的、1位は「将来の生活費補てんのため」で 50.7%。2 位は「老後資金の備え」で 29.5%。 (調査結果本文4P)

冬のボーナスを貯蓄・投資(運用)する場合の考えは、「元本の安全性を重視 したい」が 1 位で、51.7%。 (調査結果本文5P)

関心がある金融商品、1位は「預貯金」で 55.4%。 (調査結果本文6P)

冬のボーナス、夫が自由に使える金額は平均 5.4 万円。妻が自由に使える金額は平均 4.5 万円。 (調査結果本文7P)

以 上

調査結果本文はこちら

※当調査は情報提供を目的として作成されたものであり、その正確性・確実性を保証するものではありません。

この調査に関するお問い合わせ先は
西日本シティ銀行 広報文化部 長谷川 TEL 092-461-1869
NCB リサーチ&コンサルティング 調 査 部 原 TEL 092-476-3051

関連業界