通信モジュールを一元管理する「docomo IoTデバイス管理」を提供開始 -セルラーLPWA向け通信モジュールの監視・保守が可能に-

2018/12/04  株式会社 NTTドコモ 

2 0 1 8 年 1 2 月 4 日
株 式 会 社 N T T ド コ モ

通信モジュールを一元管理する「docomo IoTデバイス管理」を提供開始
~セルラーLPWA向け通信モジュールの監視・保守が可能に~


株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、法人のお客さまが利用するセルラーLPWA対応通信モジュールの状態監視、保守などを、お客さまに代わり一元的に管理する「docomo IoTデバイス管理」(以下、 本ソリューション)を、2018年12月5日(水)より提供いたします。

本ソリューションは、「docomo IoT回線管理プラットフォーム」と組み合わせることで※1、家電や建設 機器、自動販売機等に組み込まれた通信モジュールに対し、電波強度などの状態取得をはじめ、再起動やファームウエアの更新など、保守や故障時に必要な対応を、ドコモがお客さまに代わり遠隔で実施する ものです。

IoTにおいては数多くの機器を一元的に管理する必要がありますが、これまで機器故障の際などは、 その都度現地での対応が発生していました。ドコモが遠隔で対応を行うことにより、運用や保守にかかる 稼働を削減できるようになります。

本ソリューションでは、Lightweight M2M(以下、LwM2M)※2の仕様に準じた通信モジュールで あれば、メーカーを問わず管理ができます※3。

本 ソ リ ュ ー シ ョ ン に 対 応 す る チ ッ プ セ ッ ト を 、 A l t a i r S e m i c o n d u c t o r 、 Qualcomm Technologies, Inc.、SEQUANS Communicationsが、通信モジュールを AM Telecom Co.,Ltd.、京セラ株式会社、Quectel Wireless Solutions Co., Ltd.、 Gemalto、Sierra Wireless、SIMCom Wireless Solutions Co.,Ltd.、太陽誘電株式会社、 Telit Wireless Solutions、株式会社村田製作所、u-blox AGが順次取り扱うと表明しています。 なお、通信モジュールに加えてIoT機器の状態を監視、保守する機能の開発や、お客さまのシステムと 連携させる開発、お客さま自身で直接管理ができるWeb画面の開発などを、ご要望に応じてオプション にて提供いたします。

ドコモは、法人のお客さまのIoT導入から運用までを一括してサポートする「ドコモIoTマネージドサービス」を展開しており、その中で本ソリューションについてもご提案をしてまいります。

ドコモは今後も、多様なIoTソリューションの提供を通じ、IoTの更なる拡大や利用促進に取り組んで まいります。

※1 本ソリューションのご利用には「docomo IoT回線管理プラットフォーム」のご契約が必要です。なお、対応するIoT回線接続方法は今後順次追加予定です。

※2 国内外の通信事業者、端末機器メーカー、通信機器メーカーなどの業界団体であるOpen Mobile Allianceで標準化 された、小さく軽量なデータ送受信に適したIoTの仕組みです。

※3 ご利用にあたっては、ドコモとメーカーでの動作検証が必要です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先 株式会社NTTドコモ IoTビジネス部 サービス推進・サービス支援担当 TEL:03-5156-3200

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_181204_04.pdf

関連業界