Supra is back to Japan Fes メディア限定イベント

2019/05/17  トヨタ自動車 株式会社 

2019年05月17日

Supra is back to Japan Fes メディア限定イベント

トピックス モデル トヨタ スープラ GR

本日5月17日(金)13:00より、「Supra is back to Japan Fes」メディア限定イベントを開催しました。このイベントの様子を動画でご覧いただけます。

本編は、1:01:45頃から始まります。

GAZOO Racing Company プレジデント 友山 茂樹 スピーチ要約

皆さん、こんにちは。

トヨタ自動車GAZOO Racing Companyの友山です。

GRスープラ、もうお馴染みとなりましたが、改めてご覧になっていかがでしょうか。

かっこ悪いと思う方も、かっこいいと思う方も、だんだん、目が慣れてきたと言う方も、これからは、ぜひ、街で走るGRスープラをご覧になって、その躍動感を間近に感じて頂きたいと思います。

きっと、皆様の心の中で、今まで忘れかけていた何かが蘇ってくるはずです。

大変お待たせしました。デトロイトモーターショーでワールドプレミアとなりました、GRスープラが、いよいよ、この日本でも販売開始となります。

3月から開始した注文予約では、3.0Lターボのご予約数が、我々の予想をはるかに上回りまして、先日リリースした通り、これ以上受け付けできない状況となりました。

大変申し訳ございませんでした…と過去形でお詫びしたのには訳があります。

スープラを少しでも早く手に入れたい…というお客様の声に答えるべく、本日より、受注を再開できることになりました。

受注生産で、納車までお待ち頂くこともありますが、一人でも多くのお客様に、GRスープラを所有する喜び、そして、「Fun to Drive」の真髄をご堪能頂ければと思います。

Supra is back

(GRスープラ フルスロットル インプレッション映像を流し)世界で活躍するTOYOTA GAZOO Racingのドライバー達が、帰ってきたGRスープラを迎える…、Supra is back…Supra is back!歓喜の声が聞こえてきそうです。

生産終了から実に17年間、スープラは、世界中で愛され続けてきました。

TOYOTA GAZOO Racingが、この世に再度、送り出すことができたのは、本日、ご来場の歴代スープラオーナーの皆様初め、世界中のスープラファンの熱い想いが、この17年間、脈々と生き続けてきたからであります。

この場をお借りして、心より御礼申し上げたいと思います。

モリゾウとスープラ

この「Supra is back」の裏には、今は亡きトヨタのマスタードライバー成瀬と、その全てを引き継いだ、現在のマスタードライバー、モリゾウこと社長の豊田の熱きストーリーがありました。

「ドイツメーカーを見てみろ、開発中の新型車でニュルを走っている、それに比べて、トヨタが、ここで勝負できるクルマは、中古のスープラしかない」

不幸にも、トヨタのマスタードライバーであり、モリゾウの師匠でもあった成瀬は、試作車のテスト中、事故で亡くなりましたが、その言葉が忘れられなかったモリゾウは、いつかスープラを復活させることを決意したのです。

成瀬の死から9年目の昨年10月、ニュルで、自ら、新型スープラの最終テストを行なったモリゾウは、心の中でこうつぶやきました。

「成瀬さん、遂に、新型スープラでニュルに来ました…」

このニュルでのテスト走行を始まりに、レースフィールドへのSupra is backが本格的に始動しました。

既に、ナスカーでは第2戦でベルが初優勝を飾ると、第3戦ではカイル・ブッシュが地元ラスベガスで連続優勝を飾り、参戦早々、その存在感を示しました。

国内では、来年からSUPER GTに、スープラが戻ってきます。さらにトヨタは、バーチャルの世界のモータースポーツ、eモータースポーツ選手権「FIA GTチャンピオンシップ」のオフィシャルパートナーとなり、「GR Supra GT Cup」」を立ち上げました。リアルからバーチャルまで、戦うスープラの新たな姿を、是非お楽しみ頂きたいと思います。

GRの原点、ニュル24時間耐久レース参戦

来月、いよいよ、TOYOTA GAZOO Racingの原点、世界最大の草レース、ニュルブルクリンク24時間耐久レースにGRスープラで参戦します。

今から、12年前、モータースポーツを、人を鍛え、クルマを鍛える、もっといいクルマづくりの基盤にしようと、現在の社長の豊田と、有志の社員達が、中古のアルテッツァで、ニュル24に参戦しました。

会社の反対を押し切って始めた活動でしたので、チーム名に「トヨタ」と付けられず、GAZOOと名乗りました。

それが、TOYOTA GAZOO Racingの出発点であり、トヨタが作ったトヨタの壁をぶち壊す、という我々の戦いの始まりでした。

今回のGRスープラのニュルへの参戦は、GRの新たな戦いの狼煙が上がることを意味しています。

TOYOTA GAZOO Racingは、単なるマニュファクチャラーではなく、レーシングカンパニーである、世界中のレースで、その存在感を示すことがGRブランドの根底にある、という宿命を、GRスープラは背負うことになるわけです。

マットカラーのGRスープラ抽選開始

ところで、この“マット・ストームグレーメタリック”のGRスープラ、いかがですか。

このトヨタブランド初のマットカラーを、今回のニュル24時間耐久レース参戦記念として、24台限定販売したいと思います。

大変申し訳ありませんが、複雑な塗装工程が必要で、数が限られておりますので抽選となります。

本日から約1ヶ月間、専用Webページにて申込みを受付し、レースの決勝が行われる6月22日(土)、23日(日)のレース期間中に、24台の当選者を決定したいと思います。

レースの模様は、TOYOTA GAZOO Racingのウェブサイトでご覧いただけます。

抽選の模様も、レース中継の中で行いますので、是非ご注目頂きたいと思います。

GRヘリテージパーツ プロジェクト

ここで、もう一つ、重要なお知らせがあります。

TOYOTA GAZOO Racingは、「GRヘリテージパーツ プロジェクト」を立ち上げ、まずは、70/80スープラのパーツ復刻活動を開始します。

今回は、具体的な部品名までをお答えすることはできませんが、少しでも、オーナー様のご期待に応えられるよう努力させて頂きます。

最後に

自動車産業は100年に一度と言う大変革期を迎えており、将来、クルマは、情報家電のようにコモディティ化する、という説もあります。

そんな中、『スポーツカーは儲からない、スポーツカーは売れない、「Fun to Drive」なんて言う時代じゃない…』と冷ややかに見る方がいることも事実です。しかし、儲からないからと、どんどん止めていったら、その先には、いったい何が残るのでしょうか。

皆さん、考えてみてください。かつての移動手段であった馬は全てクルマに置き換わった、と言いますが、競走馬は残っています。馬をこよなく愛する人も世界中にいます。

自分の意志どおりに、自由に、速く、美しく移動したい、という人間の欲求は普遍的なものであり、それを実現してくれるものに対する人々の感情は、何か、熱く、心ときめくものがあります。

儲からなければ、儲かるようになるまで、売れなければ、買ってもらえるようになるまで、歯を食いしばって、改善を積み重ねる…、それが、トヨタ本来の姿ではないでしょうか。

先日のトヨタ自動車の入社式で、社長の豊田が、「社長の話なんて、すぐ忘れてしまうんだから、この音と匂いを覚えておいて」と言うのにあわせて、私は、壇上にあったGRスープラのエンジンを思いっきり吹かしました。

クルマは五感で感じるものだ!というDNAを、我々は次の世代へ継承していかなければなりません。

次の100年も、クルマを徹底的に面白くする、TOYOTA GAZOO Racingの挑戦は、まだ、道半ばですが、お客様の笑顔のために、自動車産業の未来のために、心ときめくクルマづくりに拘り続けて行きたいと思います。

これからも皆様のご支援をよろしくお願い致します。

ご参考

Supra is back to Japan Fesについて詳しくはこちら

日時
  • 5月17日(金)

    13:00~14:00 メディア限定イベント

    15:00~ 一般公開スタート予定

  • 5月18日(土)
    11:00~21:00(一部のコンテンツは21時前に終了する可能性があります)
  • 5月19日(日)
    11:00~19:00

一部車両は、21日(火)~26日(日)の間、展示予定

場所 MEGA WEB(メガウェブ)トヨタシティショウケース 1階
東京都江東区青海1丁目3-12
入場料 無料

以上

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース