安倍総理はトランプ米国大統領との電話会談についての会見を行いました

2019/06/14  首相官邸 

トランプ米国大統領との電話会談についての会見

令和元年6月14日

会見する安倍総理

令和元年6月14日、安倍総理は、総理大臣公邸で会見を行いました。

総理は、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領との電話会談について次のように述べました。

「先ほど、トランプ大統領とこの度のイラン訪問を受けて、中東情勢について意見交換を行いました。
その際、トランプ大統領から私のイラン訪問、そして働きかけに対して、謝意の表明がございました。今後とも、トランプ大統領と、米国と緊密に連携していく考えであります。
互いの複雑な国民感情など、緊張緩和に向けた道のりには、大変な困難が伴うわけでありますが、地域の平和と安定、そして世界の繁栄のために、今後とも国際社会と緊密に連携を重ねながら努力を重ねていきたいと考えています。
そして、ホルムズ海峡で、船舶が被弾した件については、いかなる者が攻撃したにせよ、船舶を危険にさらす、このような行動に対して日本として断固非難いたします。
その上で、全ての関係国が不測の事態が発生することのないよう、しっかりと自制し、そして緊張を高めるような行為は厳に慎むべきであるとこのように考えております。今後とも、日本としてできうる限りの役割について努力を重ねていきたいと思っております。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

他の画像