「空き地対策モデル調査」5団体を決定~専門家やNPO等による取組を支援~

2019/06/14  国土交通省 

「空き地対策モデル調査」5団体を決定
~専門家やNPO等による取組を支援~

令和元年6月14日

国土交通省は、専門家やNPO等が連携して推進する空き地対策を支援する「空き地対策の推進に向けた先進事例構築モデル調査」において、空き地の有効活用に関する取組、空き地の管理を促す取組に関する取組等計5団体を支援対象として採択しました。

<モデル調査の概要>
本調査は、空き地対策に関し、NPO団体や民間事業者、法務や不動産の専門家、市区町村等が単独もしくは連携して行っている先進的な取組に対し、国がその実施に要する費用の一部を支援するものです。また、取組の成果は公表し、全国の自治体等への展開を図ります。

■ 応募期間 平成31年4月24日~令和元年5月23日
■ 応募実績 応募団体 6団体
採択団体 5団体(詳細は別紙参照)

●報道発表資料(PDF形式) ●別紙(PDF形式)

お問い合わせ先

国土交通省土地・建設産業局企画課 田村、多谷本
TEL:03-5253-8111 (内線30-623、30-643) 直通 03-5253-8290 FAX:03-5253-1558

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

関連業界