学校現場×地域の介護資源の連携を進めるシンポジウム

2019/07/13  熊本県  

学校現場×地域の介護資源の連携を進めるシンポジウム

最終更新日:2019年7月13日

「学校現場×地域の介護資源の連携を進めるシンポジウム」の開催について

熊本県では、福祉系高校等と連携し、地域ぐるみで小中学生が「介護」や「高齢者との関わり方」への関心を高められるよう取り組みを進めて参ります。そのキックオフとして、文部科学省の矢幅視学官らをお招きし、シンポジウムを開催します。

どなたでもご参加できますので、お気軽にご参加ください。参加は無料です。

1 日時 令和(2019年)8月1日(木曜日) 13時30分~(受付 13時10分~)

2 場所 熊本県医師会館2階 大ホール(熊本市中央区花畑町1-13)

3 募集人数 定員100名(先着順)

4 内容

(1)開会挨拶 熊本県健康福祉部長寿社会局長 松岡 正之

熊本県教育長 古閑 陽一

(2)基調講演 「福祉系高校への期待と学校現場における介護の魅力発信(仮)」

文部科学省初等中等教育局視学官 矢幅 清司 氏

(3)事例発表 「小学生の高齢者施設訪問学習の取組(仮)」

熊本市立川上小学校校長 青木 透 氏

(4)パネルディスカッション

パネリスト 文部科学省初等中等教育局視学官 矢幅 清司 氏

熊本市立川上小学校校長 青木 透 氏

学校法人松浦学園城北高等学校校長 竹原 英治 氏

熊本県老人福祉施設協議会会長(特別養護老人ホーム「くわのみ荘」理事長・施設長) 跡部 尚子 氏

(5)閉会挨拶 熊本県高等学校教育研究会福祉部会会長 丁 薫

主催 熊本県/(株)三菱総合研究所(介護現場革新会議パイロット事業受託事業者)

共催 熊本県教育委員会/熊本県高等学校教育研究会福祉部会

詳細はこちらから

↓↓