人工知能(AI)と機械学習によってネットワークが、よりスマート、シンプル、セキュアに

2019/07/13  シスコシステムズ 合同会社 

人工知能(AI)と機械学習によってネットワークが、よりスマート、シンプル、セキュアに

June 10, 2019

<サマリー>

??シスコは新しい人工知能(AI)と機械学習機能によって、ITチームがネットワーク動作の理解を深め、課題をより効果的に予測できるよう支援

??2年前に発表されたシスコのインテントベース ネットワーキングは、ネットワークの構築・管理方法を刷新し、シスコは、マルチドメインの統合を通じてエンドツーエンドのセキュリティ、セグメンテーション、アプリケーション エクスペリエンスを提供することで、この取り組みをさらに推進

??シスコは、ソフトウェア サブスクリプションを通じてこれらの新しいソフトウェアの進化をお客様に提供し、継続的なイノベーションを利用可能に

シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、本日ネットワークの管理とセキュリティ保護を容易にするためのソフトウェア イノベーションを発表しました。現代の企業においてデジタル テクノロジーへの投資が拡大するにつれて、ITチームは業務量の増加に悩まされています。この負担を軽減し、ITチームがイノベーションの実現に集中できるよう、シスコは人工知能(AI)と機械学習の新機能を発表し、ITチームがパーソナライズされたネットワークの洞察を通じて、機械と同様のスピードと規模感で機能できるようにします。シスコはまた、機能強化の一環として、キャンパス ネットワークからWAN(ワイド エリア ネットワーク)、データセンター、IoTエッジに至るまで、エンタープライズ ネットワーク全体にわたってユーザとアプリケーションをより効果的に管理できるよう、さまざまなイノベーションを発表しました。

ITチームは現在、困難な課題に直面しています。451 Researchの調査によると、ITチームの業務量が拡大していると回答した組織は3分の2近くに上るものの、今後1年以内にITチームの増員が見込まれている組織は、約3分の1に過ぎません。同時に、極めて競争の激しい環境下において、優れたデジタル エクスペリエンスを提供することが、IT部門にとってこれまでになく不可欠になっています。ビジネスのニーズと、利用可能なリソースとのギャップを埋めるには、データを活用し、人工知能と機械学習によって支えられた、革新的なネットワーク の自動化と分析ツールが必要です。

シスコはネットワーキングとセキュリティのリーダーとして、IT業界において最も情報が豊富で、コンテキストリッチなテレメトリ データセットを蓄積しています。シスコは今回、識別不能の集約データを利用するように設計された新しいソフトウェア機能を、35年にわたって世界中のネットワークを構築してきた知識と組み合わせることで、ITチームの運用の効率化を進めるインテリジェントなソリューションを実現しました。

これらの新しい機能により、ITチームは以下のメリットを得ることができます。

??可視性の向上:ネットワークは1つ1つすべて異なり、環境は常に変化しています。シスコは、ローカル ネットワークから関連データを継続的に収集し、非特定化した集約データセットと関連付け、高度に個別化されたネットワーク ベースラインを構築します。こうしたベースラインは、デバイス、ユーザ、アプリケーションの増減や環境の変化に伴って、常に学習し適応します。

??より深い洞察:ネットワークの複雑さは、人間の処理能力を超えています。シスコは機械学習を用いて、ネットワークから生じる膨大なデータと、個別化されたネットワーク ベースラインを関連付け、ネットワークに重要なインパクトをもたらす課題を特定します。これにより、課題の関連付けが向上し、IT部門に最も重大な課題を警告できます。また、トレンドやパターンも検出されるため、IT部門は問題へと発展する前に予防的に課題を特定できます。

??対応の誘導:シスコは機械の推論アルゴリズムと自動ワークフローを用いて、エンジニアが問題解決のために実行するであろう、論理的なトラブルシューティング ステップを実行します。これによりIT部門は、課題と脆弱性を検出し、根本原因を分析し、かつてないほど迅速に修正措置を実行できます。

シスコ、エンタープライズ ネットワーク担当シニア バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、スコット・ハレル(Scott Harrell)は、「環境の変化と多様化のペースが急速に高まり続けるなか、シスコは常にソリューションの簡略化に取り組んでいます。企業は人工知能(AI)と機械学習によって、優先すべき課題を効率的に識別し、迅速かつプロアクティブに対応できるようになります。これは、ネットワークのオペレーションと、それを担当するITチームに大きな効果をもたらします。シスコでは、自動化とインテリジェンスを通じて、将来に対応できるネットワークと労動力を実現していきます」と述べています。

マルチドメインのネットワークによって複雑さを軽減

シスコでは、お客様がITにおいて前例のない複雑さを簡略化するよう支援するため、インテントベース ネットワーキングのあらゆるドメイン、つまりキャンパス、ブランチ、WAN、IoT、データセンター、クラウドにわたるアーキテクチャを構築しています。シスコが開発しているソリューションは、こうした各ネットワーク ドメインの独自のニーズに対応できるよう最適化されています。シスコは今回、新しい統合機能を発表し、ユーザが接続の場所、時間、方法を問わず、安全で一貫した体験を得られるようにしています。新しい統合機能により、エンドツーエンドが可能になります。

??ネットワーク セグメンテーション:Cisco SD-AccessCisco SD-WANCisco Application Centric Infrastructure(Cisco ACI)の統合により、ユーザやアプリケーションが変化しても、ITチームはキャンパス、ブランチ、データセンター、クラウド ネットワークにわたって、ユーザとデバイスを一貫して容易に承認、オンボーディング、セグメント化できるようになります。このセグメント化により、IT部門は機密データや重要なアプリケーションへの不正アクセスを防止できます。

??アプリケーション エクスペリエンス:シスコはデータセンターとWANの間でアプリケーション要件を自動的に伝達し、アプリケーションが移動または変化しても、ネットワークが最適なパスを選択し、トラフィックの優先順位を設定できるようにしています。これによりITチームは、本社や支店にわたってアプリケーション パフォーマンスを劇的に向上できます。

??広範なセキュリティ:サイバーセキュリティ業界のリーダーとして、あらゆるドメインにおけるセキュリティ イノベーションを活用しています。パブリック クラウドにわたって暗号化トラフィックの脅威を検出(ETA)する能力を拡張し、キャンパス、ブランチ、WANを脅威から保護することで、シスコはお客様が必要とするエンドツーエンドのセキュリティを提供します。

シスコのエコシステムがイノベーションを推進

ネットワークがプログラム可能になるにつれて、シスコのパートナーや開発者のエコシステムは、イノベーションの推進に不可欠となっています。絶え間ないスピードの変化に組織が対応できるよう支援するため、開発者プログラムであるCisco DevNetは、ネットワーク テクノロジーの採用を容易かつ身近にする、コミュニティ支援による取り組みを導入しています。この取り組みには、新規アプリケーションの導入に向けたユースケースとリソースが含まれる機械学習および人工知能開発者向けのリソース、あらゆるレベルのネットワーク自動化のユースケースに関する厳選されたコード リポジトリを含むCisco DevNetオートメーション エクスチェンジ、ネットワークのプロフェッショナルやソフトウェア開発者が新規アプリケーションと統合機能を構築できるよう支援するCisco DNA Centerプラットフォームが含まれています。

提供開始時期、ライセンス、サービス

??Cisco AI Network AnalyticsはCisco DNA Assuranceの標準要素となり、2019年夏以降に一般提供が開始される次期バージョンのCisco DNA Centerから利用可能になります。Cisco AI Network Analyticsの機能は、Cisco DNA Advantageソフトウェア ライセンスに含まれます。

??マルチドメインのネットワーク統合は、2019年夏以降に一般提供が開始される次期バージョンのCisco DNA Centerから利用可能になります。この統合機能は、Cisco DNA Advantageソフトウェア ライセンスに含まれます。

??Cisco Customer Experience for?Cisco DNAソリューションは、リスクとシステム停止を削減しつつ、次世代のインテントベース ネットワーキング ソリューションの導入を加速します。Cisco Customer Experienceサービス ポートフォリオは、専門的なガイダンス、ベストプラクティス、革新的なツールを提供し、お客様が容易にかつ自信を持って移行できるよう支援します。これによってお客様は、迅速にイノベーションを実現し、競争力を保ち、より大きな価値を引き出し、短期間でROIを実現できるようになります。

関連リソース

??エグゼクティブ ブログ:Intelligent Next Step for Intent-Based Networking(インテントベース ネットワーキングに向けたインテリジェントな次のステップ)(Scott Harrell) [英語]

??エグゼクティブ ブログ:Cisco AI Network Analytics: Making Networks Smarter and Simpler to Manage(Cisco AI Network Analytics:ネットワークの管理をよりスマートかつシンプルに)(Anand Oswald) [英語]

??エグゼクティブ ブログ:3 Ways Intent-Based Networking Fulfills Business Intent with Multidomain Integration(インテントベース ネットワーキングがマルチドメインの統合によりビジネス インテントを満たす3つの方法)(Prashanth Shenoy) [英語]

??Cisco DNA Assuranceソリューション概要 [英語]

??シスコのマルチドメイン統合の概要 [英語]

??Cisco AI Network Analyticsワイヤレス エクスペリエンスのユースケース動画 [英語]

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

**当資料は、2019年6月10日に発表されたニュースリリースの抄訳です。
The Network Gets Smarter, Simpler and More Secure with Artificial Intelligence and Machine Learning

関連業界