平成30年度一般会計決算(見込み)のポイント

2019/08/09  宮崎県  

更新日:2019年8月9日

平成30年度一般会計決算(見込み)のポイント

1決算額は、歳入・歳出ともに前年度よりも減少

  • 歳入
    5,804億733万円(対前年度比-1.1%)
  • 歳出
    5,680億8,809万円(対前年度比-1.1%)

(参考)

  • 平成29年度の対前年度伸び率
  • 歳入1.3%、歳出1.4%

2実質収支は黒字、単年度収支は赤字

  • 実質収支
    61億7,049万円(前年度66億40万円)
    • 実質収支は、「(歳入-歳出)-翌年度に繰り越すべき財源」で表され、累年による黒字又は赤字の額を示すもの。
  • 単年度収支
    -4億2,991万円(前年度-11億517万円)
    • 単年度収支は、「今年度の実質収支-前年度の実質収支」で表され、単年度における黒字又は赤字の額を示すもの。

3経常収支比率は、前年度よりも低下

  • 経常収支比率
    91.6%(前年度92.7%、前々年度92.2%)
    公債費等の経常的経費の減により充当された一般財源の額が減少したことから、前年度比1.1ポイント低下した。
    • 経常収支比率は、財政構造の弾力性を判断するための指標で、比率が高いほど財政構造の硬直化が進んでいることを表すもの。

4県債発行額は増加、県債残高は減少

  • 県債発行額
    647億1,490万円(対前年度比1.6%)
    • うち臨時財政対策債を除く県債発行額
      414億8,520万円(対前年度比6.6%)
  • 県債残高
    8,496億5,861万円(対前年度比-1.5%)
    • うち臨時財政対策債等を除く県債残高
      4,752億1,857万円(対前年度比-1.9%)

5詳細資料

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。