「外国人患者を受け入れる医療機関」の公募について

2019/08/09  宮崎県  

更新日:2019年8月9日

「外国人患者を受け入れる医療機関」の公募について

訪日外国人や在留外国人が増加する中、政府においては、「訪日外国人に対する適切な医療等の確保に向けた総合対策」を取りまとめ、外国人が安心・安全に医療を受けられる環境を整えることとしています。
これに伴い、厚生労働省から「外国人患者を受け入れる医療機関」選出の依頼があったことから、本県においては外国人患者の受入に御協力いただける医療機関を公募することとしました。

1医療機関の選出要件

「外国人患者を受け入れる医療機関」には以下の2種類があり、それぞれア、イの要件を満たしている必要があります。

(1)外国人患者で入院を要する救急患者に対応可能な医療機関(重症例受入可能医療機関)

  • ア県の医療計画における二次以上の救急医療機関であること
  • イ多言語での対応が可能であること(英語のみでも可)
    • 言語の種類は医療機関の実情に合わせて設定可です。
    • 医療通訳者、電話通訳、音声翻訳等の形式は問いません。

(2)外国人患者を受入れ可能な医療機関((1)を除く)(軽症例受入可能医療機関)

  • ア医療機関(診療所、歯科診療所も含む)であること。
    • 診療時間や診療科目に制限はありません。
  • イ多言語での対応が可能であること(英語のみでも可)
    • 言語の種類は医療機関の実情に合わせて設定して結構です。
    • 医療通訳者、電話通訳、音声翻訳等の形式は問いません。

2選出の流れ及び選出された医療機関の取扱い

申請のあった要件を満たす医療機関をリストにまとめ、厚生労働省へ報告します。なお、報告したリストについては、厚生労働省と観光庁のフェブサイト等に掲載される予定です。

留意事項

現在、観光庁が別途調査した「外国人患者を受入れる医療機関」が公表されていますが、当該リストに掲載されている医療機関は、基本的には今回のリストへも掲載されることとなっています。掲載を辞退される場合は、別途担当まで御連絡ください。

3提出書類及び提出期限

選出を希望する医療機関は、下記申請書を提出期限までにメールにて御提出ください。

(1)提出書類

(2)提出期限

令和元年9月13日(金曜日)

(3)提出先

  • メールアドレス:taniguchi-emi@pref.miyazaki.lg.jp

メール送付の際は、件名に「外国人患者受入医療機関応募(○○病院・診療所)←医療機関名を記載」と記載してください。

4留意事項

厚生労働省では、外国人患者の受け入れ体制を整備する際に必要な情報をまとめた「外国人患者の受入れのための医療機関向けマニュアル」を作成し、ホームページで公表しています。「感染症策」、「医療費概算の事前提示」、「通訳体制の整備」、「宗教・慣習上の対応」など、留意事項がまとめられておりますので、参考にされてください。

5その他

選出された医療機関については、厚生労働省補助事業等を活用した多言語対応、未収金対応などの環境整備に対する支援を行なっていく予定としています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。