安倍総理は、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列しました

2019/08/09  首相官邸 

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典参列等

令和元年8月9日

挨拶する安倍総理1

献花する安倍総理

黙とうする安倍総理

挨拶する安倍総理2

被爆者代表から要望を聞く安倍総理1

被爆者代表から要望を聞く安倍総理2

被爆者代表から要望書を受け取る安倍総理1

被爆者代表から要望書を受け取る安倍総理2

記者会見をする安倍総理1

記者会見をする安倍総理2

令和元年8月9日、安倍総理は、長崎市の平和公園で開催された長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列しました。

74回目の原爆の日に行われたこの式典には、被爆者や遺族ら約5,200人が参列するとともに、国連等国際機関、66の国や地域と欧州連合(EU)の代表も出席し、犠牲者の冥福と世界の平和を祈念しました。

長崎市の田上富久市長、遺族代表、被爆者代表、青少年代表が、今年1年間に新たに死亡が判明した原爆死没者名を奉安し、遺族代表、被爆者代表、小・中・高校生代表が献水を行いました。そして、遺族、被爆者の代表や安倍総理らが献花した後、原爆が投下された午前11時2分、参列者全員が1分間の黙とうを捧(ささ)げました。

続いて、田上市長による「平和宣言」、被爆者代表による「平和への誓い」、小学校の児童による合唱の後、安倍総理が哀悼の意を表し、挨拶を述べました。

式典後、安倍総理は長崎市内のホテルで、被爆者代表から要望を受け、続いて記者会見を行いました。

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV) 動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

他の画像