Kudanとシーオスが倉庫の完全自動化・無人化ソリューションの共同開発に向けて業務資本提携契約を締結

2019/08/09  Kudan 株式会社 


2019 年8月9日

Kudan とシーオスが倉庫の完全自動化・無人化ソリューションの
共同開発に向けて業務資本提携契約を締結


Kudan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 大野 智弘、以下 Kudan)は、2019 年 8 月 9 日、シーオス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社? 松島 聡、以下シーオス)に対しての出資を完了しましたことをお知らせいたします。

シーオスは、幅広い業界の大手企業に対して、IoT、AI、ロボット等の活用によるロジスティクスのデジタル化を提供しており、Kudan は機械や AI が三次元空間を知覚し、行動するために重要な役割を占める AP(人工知覚)の提供を行っております。

総務省情報通信白書によれば、人工知能、IoT、ロボティクスを中心とする第四次産業革命は国家の成?戦略の中核とされており、約 30 兆円から 40 兆円の付加価値を作り出すとされ、ロジスティクスの領域においては工場や倉庫で活動する AGV(無人搬送車)がこれにあたります。しかし、これまでは AGV が倉庫内を安全に自動走行するために機械が場所を認識するための磁気テープ等の誘導設備が必要でした。また、工場や倉庫のスマート化に対応し、屋内のレイアウトの自動変化に対応することにも対応が困難でした。

このたび、Kudan は、シーオスの SLAM 式の AGV をテストフィールドとして利用することにより、AP 技術の開発・改良を行うべく、業務資本提携契約を締結いたしました。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02977/282d58b4/c93d/42b8/b7e8/325d010cad9b/140120190809487266.pdf

他の画像

関連業界