DIC 企業情報をご紹介する統合報告書『DICレポート2019』を発行

2019/08/13  DIC 株式会社 

2019年8月9日

DIC 企業情報をご紹介する統合報告書『DICレポート2019』を発行

-新中期経営計画「DIC111」や環境調和型製品の特集など掲載-

DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:猪野薫)は、当社グループの事業、財務、サステナビリティ活動についてまとめた「DICレポート2019」(ハイライト版・詳細版)を発行しました。本レポートでは、2019年度よりスタートした新中期経営計画「DIC111」の詳細を伝えるとともに、社会課題解決や社会への提供価値の意思を組織体制に反映させた新しい事業部門や、環境調和型製品の特集などをご紹介しています。

DICレポート2019表紙 DICグループの価値創造アプローチ

DICレポートは、より多くのニーズに応えるため、要点を簡潔にまとめたハイライト版(冊子およびPDF)と、より詳しい情報やデータを盛り込んだ詳細版(PDF)を発行しています。本レポートは、より多くの皆様に分かりやすく伝える工夫として、「カラーユニバーサルデザイン」1を採用し、CUD認証を取得するとともに、「持続可能な開発のための2030アジェンダ(Sustainable Development Goals:SDGs)」の目標と当社グループの取り組みとの関連を、SDGsのアイコンを用いてご紹介しています。また、本レポートの冊子は、DICグラフィックス社の製品である100%植物油を使用した「環境調和型インキ」で印刷し、環境へも配慮しています。
なお、レポートの作成にあたっては、ガイドラインとして「ISO26000:2010」、「レスポンシブル・ケア・コード」、レポーティングの国際基準となっている「GRI2スタンダード」を採用し、ステークホルダーの皆様が必要とされる情報を提供することを心がけています。

DICグループは、サステナビリティや市場への貢献を追求する「社会的価値」と、企業の成長と収益性に寄与する「経済的価値」を両立し、“ユニークで社会から信頼されるグローバル企業”を目指す企業像としています。世界で約170社のグループ企業とともにサステナブルな社会を実現するため、2030年度までに「温室効果ガスであるCO2排出量の30%削減(2013年を基準年として)」を目標として掲げています。企業活動への理解をより深めていただくために、今後も情報開示を進めながら、引き続きステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを促進し、様々なツールによる情報開示を進めていく所存です。

注釈)
1 カラーユニバーサルデザイン(CUD)とは、色覚タイプの違いを問わず、より多くの人に利用しやすい製品や、施設・建築物、環境、サービス、情報を
提供するという考え方
2 GRI(Global Reporting Initiative)とは、サステナビリティに関する国際基準の策定を使命とする非営利団体。UNEP(国連環境計画)の公認団体として、
国際基準「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン」を策定しています。

【ハイライト版の目次】


【発行時期と掲載webページ】
・和文版:8 月中旬発行 http://www.dic-global.com/ja/csr/annual/
・英文版:8 月下旬発行予定 http://www.dic-global.com/en/csr/annual/
・中文版:9 月下旬発行予定 (ハイライト版のみ)

以上

シェア

ツイート

このリリースに関する
お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ
コーポレートコミュニケーション部 TEL 03-6733-3033
お客様からのお問い合わせ
サステナビリティ推進部 TEL 03-6733-3035

他の画像

関連業界