【知事会見】知事のドイツ・ロシア・フランス渡航について

2019/08/13  愛知県  

【知事会見】知事のドイツ・ロシア・フランス渡航について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月13日更新

【知事会見】知事のドイツ・ロシア・フランス渡航について

知事は、スタートアップ関係機関等への訪問、2023年の技能五輪国際大会の開催地を決定する投票が行われるWSI(ワールドスキルズインターナショナル)総会への出席のため、下記のとおり、ドイツ連邦共和国、ロシア連邦及びフランス共和国へ渡航します。

1 渡航先

・ドイツ連邦共和国:ベルリン市
・ロシア連邦 :カザン市
・フランス共和国 :パリ市、レンヌ市

2 渡航期間

2019年8月18日(日曜日)から8月25日(日曜日)まで(6泊8日)

3 渡航者

愛知県知事 大村秀章

4 主な日程

別添のとおり
※日程については調整中のため、変更となる可能性があります。

日程表 [PDFファイル/132KB]

5 各行事の担当課室等

渡航先

主な行事等担当課・連絡先

ドイツ連邦共和国

ベルリン市

・ベルリン州経済振興公社訪問

・InfraLab(スタートアップ支援施設)訪問

※他に訪問先調整中

経済産業局中小企業部 中小企業金融課 スタートアップ推進グループ (薮下・佐藤) 内線:3676、3678 ダイヤルイン:052-954-6331

ロシア連邦

カザン市

WSI(ワールドスキルズインターナショナル)総会への出席

労働局産業人材育成課 技能五輪・アビリンピック推進室 国際大会グループ (本多・榊原) 内線:3578、3987 ダイヤルイン:052-954-6875

フランス共和国

パリ市、レンヌ市

・Station F(スタートアップ支援施設)訪問

・INSEAD(経営大学院)訪問

・Paris&Co(パリ市経済開発公社)訪問

・IMT Atlamtique(高等専門大学校)訪問

経済産業局中小企業部 中小企業金融課 スタートアップ推進グループ (薮下・佐藤) 内線:3676、3678 ダイヤルイン:052-954-6331

・ベルリン州経済振興公社
ベルリン州政府のギア各団体。既存企業とスタートアップとのマッチング支援等、スタートアップ支援プログラムを実施。
・InfraLab
産学行政が連携して運営するスタートアップ支援拠点。インフラ計大企業とスタートアップが共同で推進するプロジェクト等を支援。
・Station F
世界最大級のスタートアップ支援(インキュベーション)施設。世界的企業がこの施設を活用してスタートアップ支援プログラムを実施。
・INSEAD
スタートアップ支援も行う経営大学院。英フィナンシャルタイムズ社のぐるーばるMBAランキングで3位を獲得するなど、世界的にもその評価は高い。
・Paris&Co(パリ経済開発公社)
パリ市の外郭団体。200を超えるスタートアップに支援プログラムを提供。
・IMT Atlantique
複数の大学が合併して設立されたグランゼコール(高等専門大学校)。フランス国内に複数のキャンパス・インキュベーション施設を有し、スタートアップ支援を実施。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関する問合せ先

産業立地通商課

国際業務企画グループ
名古屋市中区三の丸3-1-2
愛知県庁本庁舎2階 Tel:052-954-6356 Fax:052-961-7693
メールでの問合せはこちら