産業構造審議会商務流通情報分科会割賦販売小委員会中間整理についての意見

2019/08/09  内閣府  

産業構造審議会商務流通情報分科会割賦販売小委員会中間整理についての意見

令和元年8月8日
消 費 者 委 員 会

経済産業省の産業構造審議会商務流通情報分科会割賦販売小委員会中間整理(令和元年5月。以下「本中間整理」という。)においては、我が国の割賦販売法制の在り方について、近年のICT技術の進展に伴う決済テクノロジーの進化の中、技術革新を適切に取り込んでいくための、より柔軟な規制の枠組みが求められているとした上で、規制におけるリスクベース・アプローチや性能規定の導入等が指摘されている。

消費者委員会は、本年6月13日の第299回消費者委員会本会議において、経済産業省から本中間整理に関するヒアリングを実施し、これを踏まえて検討を行った結果、本中間整理について、下記のとおり意見を述べる。

経済産業省においては、今後、本中間整理を踏まえて割賦販売法制の在り方について議論を深めていくに当たり、本意見の趣旨も踏まえて検討されたい。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.cao.go.jp/consumer/content/20190808_iken.pdf