国産クラウド型セキュリティサービスを開発する「グレスアベイル」をグループ会社化

2019/08/13  イー・ガーディアン 株式会社 

2019年08月13日 ニュースリリース

【イー・ガーディアン】国産クラウド型セキュリティサービスを開発する「グレスアベイル」をグループ会社化 ~サイバーセキュリティ分野の事業を拡大し、安心・安全なインターネット環境の実現に貢献~

イー・ガーディアン株式会社(https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)は、2019年8月13日(火)付けで株式会社グレスアベイル(https://www.gresavail.com/東京都中央区 代表取締役CEO:澤井 祐史 以下、「グレスアベイル」)をグループ会社化し、グループ会社であるEGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役:徳丸 浩 以下、「EGセキュアソリューションズ」)の代表取締役 徳丸 浩がグレスアベイルの取締役に就任する事をお知らせいたします。

イー・ガーディアンは、安心・安全なインターネット環境の実現に向け、ネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供しております。

イー・ガーディアングループは、「We Guard All」を企業理念に掲げ、インターネットのセキュリティをトータルにサポートすることを主眼として事業を拡大して参りました。
特にサイバーセキュリティ分野では、グループ会社であるEGセキュアソリューションズを主軸とし、脆弱性診断をはじめセキュリティ教育やセキュリティコンサルティング・監査等、サイバーセキュリティの経営課題を解決し、インターネットを積極的に活用した企業活動をサポートするためのサービスの提供に注力しています。

昨今、多くの個人情報漏洩や仮想通貨の流出、キャッシュレス決済の不正利用など、事業継続を揺るがすレベルのセキュリティインシデントが発生し、事業リスクとしてのサイバー攻撃への対応が企業活動の命運を握るといっても過言ではない状況となっています。
一方で、日々サイバー攻撃の巧妙化かつ高度化が進む中、企業はセキュリティ専任要員や専門スキルの不足から自社だけでは十分なサイバー攻撃への対応できていない事も多く、被害拡大は深刻化、サイバー攻撃から自社サービスを守り被害を最小化するための効果的なソリューションへのニーズが高まっています。
ITRの「サイバー・セキュリティサービス市場動向2018」でも、国内サイバー・セキュリティサービス市場の2017年度の売上金額は前年度比13.8%増の約2,750億円、2022年度の市場規模は4,100億円を突破すると予測されております。

このような状況を受けイー・ガーディアンは、現在注力しているサイバーセキュリティ分野でのOne Stopソリューション提供と、同分野での事業成長を加速させる事を目的に、クラウド型セキュリティサービスを開発/提供するグレスアベイルの株式を64.3%取得しグループ会社化し、また、EGセキュアソリューションズ代表取締役 徳丸 浩がグレスアベイルの取締役に就任する運びとなりました。

この度のグループ会社化・取締役就任により、グレスアベイルが自社開発する国産クラウド型セキュリティ製品を、ウェブ分野におけるセキュリティの第一人者であるEGセキュアソリューションズ代表取締役 徳丸 浩が監修し、さらに導入効果が高く使いやすいサービスとして提供が可能になります。
グレスアベイルは、海外メーカー製では難しかった日本市場での機能要求等に対応する体制を保持し、自社開発による柔軟なサービス提供を実現、実績を積み重ねてきました。更にそのサービスをクラウド型で提供する事により、最新テクノロジーの迅速・最適な実装や、運用/費用面における柔軟性を強みとしてサービス提供をしております。今後は、EGセキュアソリューションズ代表取締役 徳丸 浩がグレスアベイルのサービスを監修する事により、これまでEGセキュアソリューションズによる個社別のサービスでしかご提供できなかったセキュリティ最前線の現場実績に裏打ちされた知見を、グレスアベイルの開発力で製品として実現し、サイバー攻撃の被害を最小化するためのより一層効果的なソリューション提供を広く行う事を可能にします。
将来的には、イー・ガーディアンが現在注力しているグローバル展開において注力サービスとして位置付け、北米・ヨーロッパ圏のゲーム会社、EC事業者、海外へ進出するグローバルフィンテック事業者向けにソリューションを開発・展開し、さらなる事業拡大とグローバル化を推進します。

今後も、イー・ガーディアンは、グループシナジーを活かし、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

■株式会社グレスアベイル 会社概要

代表者: 代表取締役CEO 澤井 祐史
所在地: 東京都中央区新川1丁目5-19 茅場町長岡ビル4F
設立: 2015年6月
資本金: 3,000万円
業務内容: 高度なセキュリティ対策技術の研究・調査、各種技術支援サービスを提供するとともに、最先端のサイバーセキュリティ対策製品の開発を進め、自社開発の次世代クラウド型セキュリティサービスをリリース。当社では「日本発のサイバーセキュリティ創造へ」をスローガンに製品・サービスの品質向上に努めてまいります。
URL: https://www.gresavail.com/

【イー・ガーディアングループ 概要】

1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンは投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーとして、導入実績1,000社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業です。事業領域は年々拡大しており、ゲームサポートやアド・プロセス、そしてグループ会社化したEGセキュアソリューションズ株式会社との連携によるサイバーセキュリティ分野まで幅広く提案が可能です。センターは、提携先を含めてグループで国内6都市海外2都市14拠点の業界最大級の規模を有します。

■イー・ガーディアン株式会社 会社概要

代表者: 代表取締役社長 高谷 康久
所在地: 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立: 1998年5月
資本金: 36,428万円(2019年3月末日現在)
業務内容: ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL:

https://www.e-guardian.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】イー・ガーディアン株式会社

TEL:03-6205-8857 FAX:03-6205-8858
Mail:info(アットマーク)e-guardian.co.jp
広報担当 :小野

【本リリースのPDF版は下記をご覧ください】

イー・ガーディアン 国産クラウド型セキュリティサービスを開発する「グレスアベイル」をグループ会社化

関連業界