「親子で早帰りデー」今年も開催

2019/08/14  日本郵船 株式会社 

  • インフォ
  • 人材

「親子で早帰りデー」今年も開催

2019年08月14日

8月9日、当社は社員の働き方改革の取り組みの一環として、社員の子供たちが職場を訪問し、定時に親子で退社するイベント「親子で早帰りデー」を開催しました。

今回で3年目となる本イベントは、社員の労働時間を短縮して個人の時間を有意義に過ごす取り組み「OLIVE Project」の一環で、社員の子どもたちが親の仕事を理解し、親子がそろって定時に退社することでコミュニケーションを深めてもらうことを目的としています。

当日は、当社本店(東京都千代田区)に勤務する社員の子どもたち小学生8人が午後から本店を訪問し、会社の概要や船乗りの仕事について説明を受けた後、海図の記号を学び航路の引き方を体験する海図教室やコンテナ船をブロックで組み立てる工作教室に参加しました。イベントの最後には当社取締役・専務経営委員の吉田芳之、常務経営委員の小山智之と、学んだばかりの名刺交換を実践しました。子どもたちからは「参加して楽しかった」、社員からは「帰宅後に自分の職場について話すなど、親子のコミュニケーションに役立った」という声が寄せられました。

現役航海士による海図教室

吉田専務・小山常務と名刺交換

当社グループは今後も働き方を見直して時間を効率よく使い、ワークとライフ双方の充実を求める「ワーク・ライフ・インテグレーション」を推進し、人的資本の活用・強化を図ります。

<参考リンク>

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界