「新JAPAN PROJECT宮城」共同記者会見

2019/08/13  宮城県  

「新JAPAN PROJECT宮城」共同記者会見

掲載日:2019年8月13日更新

担当課
記者発表資料

令和元年8月13日
経済商工観光部富県宮城推進室
担当:水沼,髙野
022-211-2792

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

「新JAPAN PROJECT宮城」共同記者会見

宮城県と日本航空株式会社(JAL)が締結した連携協力協定に基づき,日本航空株式会社が地域活性化の一環として取り組む地域プロモーション活動「新JAPAN PROJECT」において,9月の1ヶ月間,宮城県を特集し,機内誌や機内ビデオ,機内食などJALが持つ様々な媒体を通して本県の魅力を紹介します。

つきましては,下記のとおり知事と日本航空株式会社代表取締役会長との共同記者会見を実施いたしますので,是非とも取材にお越しいただきますよう御案内申し上げます。

1 日時

令和元年8月21日(水曜日)午後3時から午後3時20分まで

2 場所

宮城県行政庁舎 4階 庁議室

3 出席者

日本航空株式会社 代表取締役会長 植木 義晴 様

宮城県知事 村井 嘉浩

4 記者会見概要

(1)共同記者会見(午後3時から午後3時20分まで)

イ 「新JAPAN PROJECT」内容説明

ロ 国内線ファーストクラス機内食御紹介及び知事による試食

・メニュー紹介「楽・食・健・美 -KUROMORI-」オーナーシェフ黒森洋司氏

ハ 写真撮影

ニ 質疑応答

(2)共同記者会見終了後(午後3時20分以降)

イ 植木会長への囲み取材

ロ 機内ビデオの放映

ハ 記者の皆様による国内線ファーストクラス機内食の試食

5 「新JAPAN PROJECT」の内容

機内誌や機内ビデオにおいて県北地域を取り上げて情報発信を行うほか,国内線ファーストクラスでは県産品食材を使用した機内食を提供します。

(1)機内誌「SKYWARD」の特集記事(日本語版 9P,英語版 8P)

【月間閲読可能者数:国内線約290万人,国際線約76万人】

宮城の冬を彩る「渡り鳥」のほか,農村文化や郷土料理などを紹介しています。

(2)機内ビデオの上映

天気によって湖の色が変わる「潟沼」や天然の滝壺が露天風呂になっている「峯雲閣」のほか,仙台牛や伊達イワナ,野菜ジェラートなど宮城のグルメを取り上げたPRビデオを機内で上映します。

(3)国内線ファーストクラスでの宮城県食材を使用した機内食の提供

・監修先:楽・食・健・美 -KUROMORI- (仙台市太白区向山)
・ジャンル:中華
・ 食 材 :ブランド豚「JAPAN X」,蔵王フランス鴨,県産ホタテ,丸森町へそ大根 など

6 その他

・共同記者会見における質疑応答とは別に,会見終了後には植木会長への囲み取材をお受けいたします。

・共同記者会見終了後,報道機関の方にも機内食の一部を試食いただく予定です。つきましては,準備の都合上,取材いただける場合は別紙 [Wordファイル/56KB]のFAX用紙に必要事項を御記入の上,8月16日(金曜日)午後3時までに宮城県経済商工観光部富県宮城推進室宛て送付いただきますようお願いいたします。

担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

このページを見ている人はこんなページも見ています