2019年6月期 通期 決算説明会 質疑応答(要約)および補足

2019/08/13  株式会社 アイスタイル 

2019年8月7日

2019年6月期通期決算説明会 質疑応答(要約)および補足

【全体戦略】

Q1.投資拡大期を1年延?とあるが、これが更に延?する可能性はないのか。

A1.今回計画を延?したことについて反省している。計画の延?を繰り返すことがないよう、マネジメントとしての責任を果たしていきたい。来期の黒字化は経営者として必達だと認識している。

Q2.今期も投資を重ねるとのことだが、財務戦略について教えて欲しい。

A2.投資先行により財務状況が悪化するものの、投資のアクセルを緩めなくともすむような財務基盤を構築する手筈は考えている。現状では借入による資金調達を行う予定であり、新株発行などのエクイティファイナンスは考えていない。

【On Platform事業】

Q1.ブランドオフィシャル(以下、BO)が今期大きく伸びる計画にも関わらず、On Platform事業の通期売上高計画は前期より4億円ほどしか伸びていないのはなぜか。

A1.12月開催のECのスペシャルイベント@cosme Beauty Dayを起点に、BOの導入拡大を図っていく。そのためBOの計画は下期偏重となっている。

@cosme Beauty Dayによって、ユーザーがECで購入することで、ブランドとユーザーがつながることができる。BOを活用することでつながったユーザーの分析が可能となり、このイベントをきっかけにBOの良さを体感していただいた上で、導入を加速させていきたい。BOは前期末の契約数実績110ブランドから、今期末は300ブランドと大きく伸ばす計画であるが、本格的に増加するのは下期を想定しているため、通期業績への貢献は限定的である。

広告サービスのポテンシャルもあるが、今期はBOに注力する。BOと広告はシナジーがあるので、BOを拡大した後に広告を伸ばしていきたい。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3660/ir_material_for_fiscal_ym3/69471/00.pdf

関連業界