2019年度 海水浴場水質調査(開設中)について

2019/08/15  大分県  

令和元年度 海水浴場水質調査(開設中)について

Tweet 印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月15日更新

令和元年度水浴場水質調査(開設中)の結果について

県では、年間利用者数がおおむね1万人以上等の6水浴場について、水質調査を実施しました。
開設中の水質については、1箇所で「水質AA」、3箇所で「水質A」、2箇所で「水質B」の判定でした。

調査概要

1 調査対象水浴場
住吉浜リゾートパーク海水浴場、奈多海水浴場、糸ヶ浜海水浴場、黒島海水浴場、浜公園海水浴場、瀬会海水浴場

2 調査日
【開設中】令和元年7月31日(水)

3 水質調査項目
ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(以下CODという。)、透明度 等

水質判定基準

判定は、下表に基づいて以下のとおりとする。
1 ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、CODまたは透明度のいずれかの項目が「不適」であるものを「不適」な水浴場とする。
2 「不適」でない水浴場について、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD及び透明度によって、「水質AA」、「水質A」、「水質B」あるいは「水質C」を判定し、「水質AA」及び「水質A」であるものを「適」、「水質B」及び「水質C」であるものを「可」とする。
なお、
(1) 各項目のすべてが「水質AA」である水浴場を「水質AA」
(2) 各項目のすべてが「水質A」以上である水浴場を「水質A」
(3) 各項目のすべてが「水質B」以上である水浴場を「水質B」
(4) これら以外のものを「水質C」
とする。

水浴場の水質判定基準

区分

ふん便性大腸菌群数

油膜の有無

COD

透明度

水質AA

不検出(検出下限2個/100mL)

油膜が認められない

2mg/L以下

全透(1m以上)

水質A

100個/100mL以下

油膜が認められない

2mg/L以下

全透(1m以上)

水質B

400個/100mL以下

常時は油膜が認められない

5mg/L以下

1m未満~50cm以上

水質C

1,000個/100mL以下

常時は油膜が認められない

8mg/L以下

1m未満~50cm以上

不適

1,000個/100mLを越えるもの

常時油膜が認められる

8mg/L超

50cm未満

※ 判定は、同一海水浴場に関して得た測定値の平均値による。
「不検出」とは、平均値が検出下限未満のことをいう。

水質調査結果

水浴場水質測定結果(集計値)は以下の表のとおり、1箇所で「適 水質AA」、3箇所で「適 A」、2箇所で「可 B」でした。

水浴場名所在市町調査時期判定ふん便性
大腸菌群数
(個/100Ml)
油膜の有無COD(mg/L)透明度
住吉浜リゾートパーク海水浴場杵築市7月31日2なし1.91m以上
水質A
奈多海水浴場杵築市

7月31日

2なし1.91m以上
水質A
糸ヶ浜海水浴場日出町

7月31日

46なし2.21m以上

水質B

黒島海水浴場臼杵市

7月31日

不検出なし1.91m以上
水質AA
浜公園海水浴場臼杵市

7月31日

14なし1.91m以上
水質A
瀬会海水浴場佐伯市

7月31日

不検出なし2.11m以上
水質B

大分市内の海水浴場についてはこちら

令和元年度海水浴場水質調査の結果について(開設前)

平成30年度海水浴場水質調査の結果について(開設中)

平成30年度海水浴場水質調査の結果について(開設前)

この情報に関するお問い合わせ先はこちらです

環境保全課

〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号(大分県庁舎別館5階) 水質対策班 Tel:097-506-3117