2019年度住民提案型商店街支援事業の採択について

2019/08/15  愛媛県  

ここから本文です。

更新日:2019年8月15日

令和元年度住民提案型商店街支援事業の採択について

令和元年8月15日

県では、商業機能のみならず「まち」の顔として地域コミュニティの機能を担ってきた商店街の賑わいを回復するため、商店街外部の人材やグループが主体的に取り組む商店街の資源を活用した地域課題解決のための事業を募集しておりましたが、このたび、次の団体を採択したので、お知らせします。

採択団体

Viva!Ginza!プロジェクトチーム(八幡浜市)

  • 事業名:「Viva!Ginza! @Hitoyasumi Cafe」
  • 事業概要:銀座商店街に開設する「ひとやすみCafe」において、子どもや障害者をはじめ地域の人々のために、歴史スライドショーや演奏会などを開催する。
  • 実施場所:銀座商店街 (ブティックVIVAを中心とした同商店街)
  • 委託額:300千円

do it プロジェクト(内子町)

  • 事業名:「空き店舗(旧書店)を拠点とした地域コミュニティの創出事業」
  • 事業概要:地域住民参加型のプロジェクトとして、空き店舗を地域住民や地域外の来訪者が滞在できる拠点に再生するとともに、地域の課題解決やまちづくりについてのワークショップを開催する。
  • 実施場所:どい書店(旧土居書店)
  • 委託額:300千円

西予市商工会青年部三瓶支部(西予市)

  • 事業名:「三瓶商店街活性化計画 -第二回 銀ちゃんの仮想大賞-」
  • 事業概要:三瓶商店街において、仮装パフォーマンスや地元音楽団体による演奏の披露、飲食店による商品販売等を行うイベントを開催し、商店街のにぎわいを創出するとともに、地元の店舗や特産品をPRする。
  • 実施場所:三瓶商店街
  • 委託額:300千円

お問い合わせ

経済労働部経営支援課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2

電話番号:089-912-2480

ファックス番号:089-912-2479