米国Telestaxへの出資に関するお知らせ

2019/08/15  株式会社 ネクストジェン 


2019 年8月 15 日
各 位
会 社 名 株式会社ネクストジェン
代表者名 代表取締役 執行役員 社長 大西 新二
(JASDAQ コード:3842)
問合せ先 取締役 執行役員 天田 貴之
(TEL.03-5793-3230)

米国 Telestax への出資に関するお知らせ

当社は、Telestax, Inc.(本社:米国テキサス州、以下 TLX)が実施する第三者割当による新株発行(シリーズB 優先株式)を、NEC ネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NEC ネッツエスアイ)、LIVEOAK VENTURE PARTNERS 1A, L.P.及び PINNACLE VENTURES, L.L.C.の4社で引き受けることになり、出資が完了いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.出資の理由

当社グループは、2019 年5月 16 日に公表した新たな中期経営計画における新事業方針の一つとして、クラウドサービス関連分野における CPaaS(Communications Platform as a Service) 事業の拡大を掲げ推進しており、当社連結子会社である株式会社 LignApps(以下 LA)における主力事業として展開しております。

TLX は 米国においてオープンソースソフトウェア企業として設立され、CPaaS におけるプラットフォームの構築を主に成長を続けている企業であります。2017 年後半からは CPaaS Enabler として On-Premises 型からCloud 型へのモデル転換を実施し、CPaaS のサービスを安価、高品質で提供できることが同社の強みとなっております。

CPaaS 事業についてはLAの主力事業としてサービス展開に向けた準備を進めておりますが、音声通話、メッセージング(SMS/チャット)、WebRTC、ビデオなどの様々なコミュニケーション手段が API によってアプリケーションに簡易に組み込めることによって、多要素認証、プログラム SMS 配信、カスタマイズ IVR、自動予約(スケジューリング)などのソリューション提供が可能となるものです。アプリケーションとは、既存新規のマーケティング・オートメーション、CRM、SFA、UCaaS、コンタクトセンター等であり、独自のオムニチャネルの構築が可能となることなどから、当社グループ各社においても、CPaaS 機能を自社製品・サービスに付加した新たなソリューションの展開を図っております。

本件は、LAの資本業務提携先である NEC ネッツエスアイをはじめとして共同で行う出資案件であり、TLXと強固な協力関係を構築することで、今後の CPaaS システムの機能向上、企画・開発等の連携強化やグローバル市場動向の共有等を期待するものであります。当社においても本件出資はグループ全体の企業価値向上に資するものと判断し、本件第三者割当による新株発行を引き受けることといたしました。

2.出資先の概要

(1) 名称 Telestax, Inc.
(2) 所在地 米国テキサス州オースティン市
(3) 代表者の役職・氏名 CEO・Paul Doscher
(4) 事業内容 CPaaS を使用したリアルタイム通信システムの設計・開発
(5) 設立年 2010 年
(6) 大株主及び持株比率 LIVEOAK VENTURE PARTNERS I, L.P.、PINNACLE VENTURES, L.L.C.、経営陣、従業員他。
なお、持株比率については、TLX の意向により非公開とさせていただきます。
(7) 上場会社と当該会社 と の 間 の 関 係
資 本 関 係 該当事項はありません。
人 的 関 係 該当事項はありません。
取 引 関 係 当社の連結子会社LAと当該会社とは、総代理店契約を締結しており、CPaaS ビジネスにおいて、製品・サービスに関する購買関係があります。
(8) 当該会社の最近3年間の連結経営成績及び連結財政状態 先方との秘密保持契約に基づき、開示を控えさせていただきます。

3.取得価額

先方との秘密保持契約に基づき、開示を控えさせていただきますが、第三者機関により財務・法務デューデリジェンスを実施した上で算出された価額にて取得しております。

4.今後の見通し

本件による、当期の連結業績に与える影響は軽微でありますが、開示すべき事項が生じた場合は速やかにお知らせいたします。

以上

関連業界