2019年度 土木シンポジウム開催

2019/10/10  西松建設 株式会社 

2019年10月10日

2019年度 土木シンポジウム開催

2019年9月20日、本社にて2019年度 第25回土木シンポジウムを開催しました。当日は当社社員のほか、西松建設協力会(Nネット)加盟会社と技術提携している戸田建設の技術者も参加いただきました。更にWEB会議システムを活用し、本社・支社・支店のほか国内外の現場事務所から約300名の技術者が技術の情報を共有しました。
発表の内容は、シールドトンネル、山岳トンネル、ダム、一般土木の各工事等に関する12編に加え、戸田建設様より2編の発表も頂き、全体で14編の発表を行いました。
冒頭、岩永土木事業本部副本部長より、「土木技術は経験工学であり、自分で経験したことを積み上げていくことが基本だが、他人の経験を疑似体験として自分の力にすることも重要。自分の技術力をアップさせる気持ちでこのシンポジウムに参加してほしい。」と挨拶がありました。
シンポジウムの最後に、木村土木技術部長からは「本日の発表は、すべて貴重な現場の実体験であり、様々な困難を皆で考え、悩んで工夫した経過報告であり宝である。現場での苦労は多いが、漫然と工事するのではなく、いろいろなことを悩み、考えながら工夫してやっていく、ということを継続して力を付けていく会社でありたい。」と締めくくりました。
今後も、当社は、土木シンポジウムをはじめとする様々な取り組みをとおして、技術の蓄積・継承と技術者のレベルアップを図って参ります。

関連業界