データ分析サービス「TechRadar Scope」を活用した「日経TechFind」が正式リリース

2019/10/10  VALUENEX 株式会社 

ニュース

データ分析サービス「TechRadar Scope」を活用した「日経TechFind」が正式リリース

2019年10月10日

VALUENEX株式会社 (本社:東京都文京区、代表取締役社長兼CEO:中村達生、以下VALUENEX) のデータ分析サービス「TechRadar Scope」を活用した日経BPのオンラインサービス「日経TechFind」が、10月9日に正式リリースされました。「日経TechFind」は、日経BPの膨大な技術系コンテンツをはじめ、プレスリリースや特許、研究開発の情報を横断的に収集し、技術戦略をサポートするオンラインサービスです。

VALUENEXの情報分析ツール「TechRadar Scope」は、当社独自のアルゴリズムにより日本国内の特許情報を解析し、情報間の類似性を短時間で可視化することで簡単かつスピーディな特許情報のデータ分析を可能にします。また、関連性が高い特許情報を効率的に確認し、特許状況を俯瞰するツールとして日経BPを始め多くの企業に採用されています。

日経BPは、10月9日 (水) から10月11日 (金) まで東京ビッグサイトで開催される「日経 xTECH EXPO」において、「日経TechFind」を活用した“空飛ぶクルマ”についての分析結果について講演します。講演で使用される分析データには、特許情報以外のテキストデータも解析できるVALUENEXの「DocRadar」や特許情報から技術を俯瞰的に分析可能な俯瞰図を作成することができる「TechRadar」の技術が使われています。これらのツールを活用することで、特許の分析だけではなく、日経BPが保有する大量のテキスト情報、プレスリリース、白書、グラント情報などのデータを含めて横断的に分析することができます。

VALUENEXは今後も、日経BPの保有するさまざまなマーケット情報と豊富な実績を持つ当社のデータ分析技術を連携させ、精度の高いデータ分析の市場浸透を目指してまいります。

関連情報:日経TechFind オフィシャルサイト

【VALUENEX株式会社について】

大量の文書データの関係性が一目でわかる VALUENEX の予測分析システムは、世界中の多種多彩な大量の文書情報収集を、俯瞰解析+可視化することができます。独自開発したアルゴリズム基盤のビッグデータ解析ツール「DocRadar」「TechRadar」はアプリケーションサービスプロバイダを通じ提供しています。

【本件に関するお問い合わせ】

  • 広報担当 神田 pr@valuenex.com

  • IR担当 塩幡 ir@valuenex.com

    TEL:03-6902-9833

ニュース一覧へ

関連業界