<週休2日促進工事>建築都市総務課(土木一式工事)・令和元年度事業福岡県公営住宅吉田団地第三期敷地造成工事に係る一般競争入札

2019/10/10  福岡県  

本文

<週休2日促進工事>建築都市総務課(土木一式工事)・令和元年度事業福岡県公営住宅吉田団地第三期敷地造成工事に係る一般競争入札

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月10日更新

公告

福岡県が発注する建設工事について、次のとおり一般競争入札に付します。

令和元年10月10日

福岡県知事 小川 洋

1 工事名

令和元年度事業福岡県公営住宅吉田団地第三期敷地造成工事

2 工事場所

北九州市小倉南区上吉田3丁目

3 工事概要

土木一式工事
造成工 A=7,800m2
(掘削工 V=6,540m3)
(盛土工 V=1,835m3)
擁壁工(ブロック積) A=890m2

4 工期

契約締結日の翌日から令和2年10月30日まで

5 工事の発注方式

(1) 本工事は、入札時に施工計画等に関する技術資料を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する総合評価方式(簡易型)の対象工事である。
(2) 本工事は、最低制限価格制度を適用せず、低入札価格調査制度を適用する。
(3) 本工事は、低入札価格調査の対象となる調査基準価格(以下「調査基準価格」という。)及び失格基準価格(以下「失格基準価格」という。)を設けている。なお、詳細は「福岡県建設工事低入札価格調査試行要領」(以下「低入札価格調査試行要領」という。)による。
(4) 本工事は、受注者が工事着手前に発注者に対して週休2日に取り組む旨を協議したうえで工事を実施する週休2日促進工事(受注者希望方式)である。
(5) 本工事は、入札手続(競争参加資格確認申請書の提出から落札者の決定まで)を電子入札システムで行う電子入札対象工事である。

6 入札に関する事務を担当する部局の名称及び所在地

(1) 入札手続に関すること
〒812-8577 福岡市博多区東公園7番7号
福岡県建築都市部建築都市総務課契約室(県庁行政棟7階)
電話番号 092-643-3758
(2) 工事に関すること
〒812-8577 福岡市博多区東公園7番7号
福岡県建築都市部営繕設備課造成係(県庁行政棟7階)
電話番号 092-643-3735

7 入札参加資格(地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の5第1項の規定に基づき定める入札参加資格をいう。以下同じ。)

土木一式工事について、「福岡県が施工する建設工事等の請負契約に係る競争入札に参加する者に必要な資格」(平成28年3月福岡県告示第219号)に定める資格を得ている者(令和元年度福岡県建設工事競争入札参加資格者名簿(以下、「入札参加資格者名簿」という。)登載者)。

8 入札参加条件(地方自治法施行令第167条の5の2の規定に基づき定める入札参加資格をいう。以下同じ。)

令和元年10月28日(月曜日) 現在において、次の条件を満たすこと。
なお、開札時点においても同条件を満たすこと。
(1) 地方自治法施行令第167条の4に該当する者でないこと。
(2) 福岡県建設工事に係る建設業者の指名停止等措置要綱(昭和62年6月30日総務部長依命通達)に基づく指名停止(以下「指名停止」という。)期間中でないこと。
(3) 福岡県建設工事競争入札参加者の格付及び選定要綱(昭和54年9月22日総務部長依命通達)第7条第2項の規定に基づく措置期間中でないこと。
(4) 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てがなされている者又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立てがなされている者でないこと(更生手続開始の決定後又は再生手続開始の決定後、手続開始決定日以降の日を審査基準日とする経営事項審査に基づく入札参加資格者名簿の登載者を除く。)。
(5) 当該工事に係る設計業務等の受託者又は当該受託者と資本・人事面において関連がある建設業者でないこと。
(6) 土木一式工事について、入札参加資格者名簿の業者等級別格付がAであること。
(7) 建設業法(昭和24年法律第100号)第3条第1項に規定する営業所のうち主たる営業所を北九州県土整備事務所管内に有すること。又は、建設業法第3条第1項に規定する営業所のうち主たる営業所を福岡県内に有し、かつ、10年間継続して建設業法第3条第1項に規定する営業所のうちその他の営業所を北九州県土整備事務所管内に有すること。
(8) 平成16年度以降に北九州県土整備事務所管内において、公共工事の元請として完成した盛土工事の施工実績(共同企業体による施工については、出資割合が20%以上の工事に限る。)を有すること。
(9) 平成16年度以降の公共工事において、元請の技術者として土木一式に従事した経験がある者を、監理技術者又は主任技術者として契約工期開始日から本工事に専任で配置できること。ただし、特記仕様書に専任を要しない期間の定めがある場合は、この限りでない。
(10)簡易な施工計画が適切であること。適切であるとは、必要事項の記載があり、かつ、発注者が示す課題を逸脱したものでないことをいう。

9 総合評価に関する事項等

(1) 評価項目と評価基準
別表1の各評価項目について、評価基準に基づき評価し加算する。
(2) 総合評価の方法
「8 入札参加条件」を満たす入札参加者全てに標準点(100点)を与え、(1)について評価し、0~ 20 点の範囲で加算点を加える。評価基準は別表1のとおり。
標準点+加算点=100点+(0~ 20 点)
評価値=(標準点+加算点)/入札価格
(3) 技術資料の作成
技術資料は入札説明書に基づき作成するものとする。

10 入札説明書の交付

(1) 期間
令和元年10月10日(木曜日)から同年11月26日(火曜日) までの毎日(ただし、福岡県の休日を定める条例(平成元年福岡県条例第23号)第1条に規定する休日(以下「県の休日」という。)を除く。)、午前9時00分から午後5時00分まで
(2) 場所
6の(1)の部局とする。なお、福岡県のホームページからダウンロードして入手することも可能である。

11 契約条項等を示す場所及び日時

本件工事に係る工事請負契約書案の縦覧を6の(1)、設計図面及び仕様書の縦覧を6の(2)の部局で行う。
縦覧期間は、令和元年10月10日(木曜日)から同年12月12日(木曜日) までの県の休日を除く毎日、午前9時00分から午後5時00分までとする。

12 入札参加申込みの受付

(1) 申込受付期間
令和元年10月10日(木曜日)から同月28日(月曜日) までの県の休日を除く毎日、午前9時00分から午後5時00分(ただし、受付最終日については午後3時00分)まで
(2) 受付場所
6の(1)の部局とする。
(3) 申込方法
電子入札システムにより入札手続を行う者(以下「電子入札業者」という。)は電子入札システムにより提出するとともに持参又は郵送すること。また、紙での入札手続を行う者(以下「紙入札業者」という。)は持参又は郵送すること。
郵送の場合は、書留郵便により令和元年10月28日(月曜日) 午後3時00分までに必着のこと。

13 入札の日時、場所及び入札書の提出方法

(1) 日時
電子入札システムによる入札は、令和元年11月13日(水曜日)から同年12月12日(木曜日)午前9時58分までの電子入札システム稼働時間。
紙での入札手続による入札は、令和元年12月12日(木曜日)午前10時00分
(2) 場所
福岡市博多区東公園7番7号
福岡県建築都市部建築都市総務課入札室(県庁行政棟7階)
(3) 入札書の提出方法
ア 電子入札業者は電子入札システムにより提出し、紙入札業者は入札書を直接持参すること。
イ 入札の執行回数は1回とする。
ウ その他、入札説明書、入札心得及び福岡県電子入札運用基準の規定による。

14 工事費内訳書の提出

入札に際し、入札書に記載される入札金額に対応した工事費内訳書の提出を求める。
紙入札業者は入札時に工事費内訳書を提出すること。郵送又は電送による提出は認めない。
電子入札業者は電子入札システムにより提出すること。
なお、入札に際し、工事費内訳書の提出がない場合は、入札に参加することができない。

15 低入札価格調査票の提出

入札に際し調査基準価格を下回る入札をする者(以下「低入札価格入札者」という。)は、その価格をもって契約内容に適合した履行ができることを示す低入札価格調査票(以下「低入札価格調査票」という。)を提出すること。
紙入札業者は入札時に低入札価格調査票を提出すること。郵送又は電送による提出は認めない。
電子入札業者は電子入札システムにより提出すること。
なお、低入札価格調査票の作成にあたっては低入札価格調査試行要領及び低入札価格調査資料作成要領に基づき作成すること。

16 開札の日時及び場所

入札終了後直ちに13の(2)の場所において行う。

17 入札保証金

見積金額(税込み。以下同じ。)の100分の5以上の入札保証金又はこれに代わる担保を納付又は提供すること。ただし、次の場合は入札保証金の納付が免除される。
(1) 県を被保険者とする入札保証保険契約(見積金額の100分の5以上)を締結し、その証書を提出する場合
なお、保険期間は開札の日から14日間(県の休日を除く。)とする。
(2) 開札の日から過去2年以内に、本県若しくは本県以外の地方公共団体又は国(独立行政法人等を含む。)との同種・同規模の契約を履行(2件)したことを証明する書面を提出する場合

18 契約保証金

契約金額の100分の10以上(調査基準価格を下回った価格で契約を締結するときは100分の30以上)の契約保証金又はこれに代わる担保を納付又は提供すること。ただし、次の場合は契約保証金の納付が免除される。
(1) 保険会社との間に県を被保険者とする履行保証保険契約(契約金額の100分の10以上(調査基準価格を下回った価格で契約を締結するときは100分の30以上))を締結し、その証書を提出する場合
(2) 保険会社等と工事履行保証契約(契約金額の100分の10以上(調査基準価格を下回った価格で契約を締結するときは100分の30以上))を締結し、当該保険会社等がその証書を提出する場合

19 入札の無効

次の入札は無効とする。
(1) 金額の記載がない入札
(2) 法令又は入札説明書、現場説明書及び入札心得において示した条件等入札に関する条件に違反している入札
(3) 同一入札者が二以上の入札をした場合、当該入札者のすべての入札
(4) 所定の場所及び日時に到達しない入札
(5) 電子入札の場合、入札者が有効な電子証明書を取得しておらず(紙での入札手続による場合は、入札者又はその代理人の記名押印がなく)、入札者が判明しない入札
(6) 金額の重複記載又は誤字若しくは脱字により、必要事項を確認できない入札
(7) 入札保証金が17に規定する金額に達しない入札
(8) 入札参加資格のない者、入札参加条件に反する者(入札参加の確認を受けた者で、その後開札時点において指名停止期間中であるもの等入札参加条件に反した者を含む。)及び虚偽の申請を行った者がした入札
(9) くじ番号の記載がない入札(くじ番号の重複記載又は誤字若しくは脱字等により必要事項を確認できない入札を含む)
(10) 低入札価格入札者において、低入札価格調査票の提出がない入札

20 失格基準価格

低入札価格調査試行要領第6条に基づき、次の算定方法で求めた価格を失格基準価格とする。
調査基準価格の110分の100に相当する金額を調査基準比較価格とし、これに1000分の985を乗じ、千円未満を切り上げた額を失格基準比較価格とする。この失格基準比較価格に当該価格の100分の10に相当する額を加算した金額を失格基準価格とする。

21 落札者の決定の方法

(1) 落札者の決定方法
ア 開札後は、落札者の決定を保留し入札を終了する。
イ 予定価格と失格基準価格の範囲内の価格をもって申込みをした者のうち、9の(2)によって得られた評価値の最も高い者を落札候補者とする。
ウ 評価値の最も高い者が2者以上あるときは、くじにより落札候補者を決定する。
エ 落札候補者の入札価格が調査基準価格以上であれば、その者を落札者として決定する。
オ 落札候補者の入札価格が調査基準価格未満であれば、落札者の決定を保留し、低入札価格調査を実施する。
カ 低入札価格調査の結果、契約の内容に適合した履行がなされると認めたときは、その者を落札者として決定する。
キ 低入札価格調査の結果、契約の内容に適合した履行がなされないと認めたときは、その者を失格とし、その者以外の者を対象として、順次イ以降の方法により落札者を決定する。
(2) 落札者決定通知
ア 時期
(ア)上記(1)のエにより落札者が決定した場合
令和元年12月12日(木曜日)
(イ)上記(1)のカ又はキの方法で、落札者が決定した場合
令和元年12月下旬頃(予定)
イ 方法
落札者が決定した場合は、直ちに入札書の提出を行った者に対し通知するとともに、当該入札結果を落札決定の翌日から6の(1)の場所において閲覧に供するほか、福岡県のホームページに掲載する方法により公表する。

22 本工事について、調査基準価格を下回った価格で契約する場合の条件

(1) 工事請負契約書(以下「契約書」という。)第4条第2項及び第4項に規定する契約保証金の額を、請負代金額(税込み)の10分の3以上とすること。
(2) 契約書第47条の4第1項に規定する違約金の額は、請負代金額(税込み)の10分の3とすること。
(3) 本工事で配置する監理技術者は専任とし、契約書第10条第2項に規定する現場代理人との兼任は認めないものとする。
(4)(3)において、現場代理人及び技術者は、他工事との兼務は認めないものとする。

23 その他

(1) 入札及び契約の手続において使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨に限る。
(2) 詳細は入札説明書による。
(3) 入札に参加する者は、参加に当たって知り得た個人情報、事業者の情報その他県の情報(公知の事実を除く。)を漏らしてはならない。
(4) 契約書作成の要否 要
(5) 落札者は、契約の締結に当たって、工事請負契約書第47条の3第1項各号に該当しないこと及びこれに該当する者を下請人としないこと等について誓約する誓約書の提出をすること。誓約書を提出しない場合は、契約を締結しないものとする。
(6) 発注者が、競争性が確保されないと判断した場合のほかやむを得ない理由が生じた時には、入札を取り止める場合がある。
(7) 本工事以降の他の工事の開札において、重複受注の制限が設けられた工事等落札者の決定に影響がある場合、以降の開札について、落札者の決定を保留することがある。
(8) 申請書、技術資料に虚偽の記載をした場合、指名停止を行う場合がある。また、虚偽の記載をした者が行った入札は無効とし、この者を落札者としていた場合は落札者決定を取り消す場合がある。
(9) 低入札価格調査について、虚偽の書類を提出したと認められた場合は、その者の入札を無効としたうえで、福岡県建設工事に係る建設業者の指名停止等措置要綱別表その2に規定する不正又は不誠実な行為として指名停止措置を講ずることがある。

01 入札説明書(吉田団地) [PDFファイル/339KB]

02 別表1(吉田団地) [PDFファイル/167KB]

申請書類等(吉田団地) [その他のファイル/2.68MB]

図面等仕様書(吉田団地) [その他のファイル/9.87MB]

平成31年度 総合評価方式における低入札価格調査制度の導入について

福岡県電子入札システム(工事・委託)受注者簡易操作マニュアル

このページに関するお問い合わせ先

建築都市総務課

福岡県 建築都市部 建築都市総務課
Tel:092-643-3758
Fax:092-643-3709

kensomu@pref.fukuoka.lg.jp

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?

1:わかりやすく十分だった 2:足りた 3:足りなかった

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

1:見つけやすかった 2:ふつう 3:見つけにくかった


このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
【注意】

  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
投稿欄:
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。