「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」サポート業務を支援

2019/10/10  株式会社 ユーザーローカル 

ユーザーローカルのチャットボットが「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」のお客様サポート業務を支援
~導入後約1ヶ月で問い合わせ件数が減少~

2019年10月10日

株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、人工知能(AI)を活用した自動応答システムであるサポートチャットボットを、「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」へ提供開始しました(写真1)。

提供開始から約1ヶ月で問い合わせ件数が減少しており、業務の効率化と顧客対応品質の向上に貢献しています。

「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」 サポートチャットボット導入ページ
URL : https://www.mikihouse.jp/store/faq/

「ミキハウス」は子供服及び子どもを取りまくファミリー関連商品の企画・製造・販売、及び出版・教育・子育て支援などの文化事業を展開しており、同社の日本製にこだわった高品質のベビーウエアは、長きに渡って多くのパパ・ママからの支持を得ています。

その「ミキハウス」が運営する「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」は、子どもとファミリーの生活をトータルにプロデュースし、EC通販でも店舗と変わらないサービスといつでも買い物ができるという利便性を提供するべく運営されています。一方で夜間や休日に問い合わせ窓口が閉じてしまうことにより「注文した商品は何日ぐらいで届きますか?」「ギフトラッピングは無料ですか?」といった簡単な問い合わせに即時対応できないことが課題となっていました。

そこで「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」では、24時間365日いつでも即時回答が可能なユーザーローカルのサポートチャットボットを導入しました。利用者が知りたいことがあったときにいつでも質問して素早く回答が得られるようになった結果、導入から1ヶ月ほどで問い合わせ件数が減少しています。さらにチャットボットの利用状況を分析したところ、利用者から寄せられる質問の半数以上が問い合わせ窓口の対応時間外(土日祝日と平日の17時~9時)のものだったことから、夜間や休日にも即時回答が可能な窓口として利用者に活用されていたことがわかりました。

こうしたデータをもとに、ミキハウスオフィシャルオンラインショップは今後もサポートチャットボットを通じたサービス品質の向上に取り組んでいくとしています。

【ミキハウスについて】
ミキハウスでは、子どものことを第一に考えたものづくりで、子どもの幸せを願うパパママのお手伝いをしたいと考えています。快適さや不快さをことばで表現できない小さな子どもだからこそ、身に着けたときにご機嫌でいられる、安心できるものを届けたい。「子どもと家族の毎日を笑顔でいっぱいに」それがミキハウスの想いです。

【サポートチャットボットについて】
60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用していることで、高品質な会話を実現します。ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボットとして、業界最安値水準の低価格で提供しています。

URL : https://ai.userlocal.jp/
写真1

株式会社ユーザーローカルについて
・人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業。2017年東証マザーズ上場(証券コード:3984)。
・社名 株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

本件に対するお問い合わせ
https://www.userlocal.jp/contact/

他の画像

関連業界