「CEATEC2019」に出展

2019/10/10  日本精工 株式会社 

2019年10月10日

日本精工株式会社 CSR本部 広報部

「CEATEC2019」に出展

スマートファクトリーの実現に貢献する診断技術やロボティクス技術を紹介

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO内山 俊弘、以下NSK)は、2019年10月15日(火)~10月18日(金)に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「CEATEC2019」に出展します。

NSKは、1916年に日本で初めてベアリング(軸受)の生産を開始して以来、常に革新的な技術に挑戦してきました。モノづくりの現場では絶えず機械設備の生産性向上や製品の品質向上に取り組んでいますが、近年、少子化による労働人口の減少や熟練労働者の不足などへの対応が求められており、機械設備の自動化や知能化、ロボットの活用の拡大などによるスマートファクトリー化が進んでいます。

NSKブースイメージ

NSKはCEATEC2019のスマートXエリアにおいて、お客様のスマートファクトリーの実現に貢献する予知保全のためのセンシング技術や診断技術、人とロボットの協調のためのロボティクス技術をご紹介します。

主な出展品

1. スマートベアリング

軸受の状態を確実に捉えるセンシング技術

【特徴】
  • 回転発電ユニットにより外部からの電源供給が不要
  • Bluetoothによる加速度や温度データの送信を実現
  • 回転発電ユニットやセンサなどをコンパクトに実装し薄型化を実現
2. 状態監視・診断ソフトウェアACOUS NAVI™

軸受の故障を早期に診断する技術

【特徴】
  • 長年にわたる社内運用実績により確立された信頼性の高い診断アルゴリズム
  • 軸受の専門知識がなくても簡単な操作で診断が可能なソフトウェア
  • Bearing Doctor BD-2型にはACOUS NAVIを搭載
3. DDM(ダイレクトドライブモータ)車輪ユニット

AGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)などの駆動モータ技術

【特徴】
  • 専用開発された2軸一体ドライバで走行制御実現。上位システムでの走行制御は不要
  • 車輪とモータの一体構造によりユニットのコンパクト化を実現

出展概要

展示会名 第20回 CEATEC 2019
日程 2019年10月15日(火)~10月18日(金)
10:00~17:00
会場 幕張メッセ(千葉市美浜区)
NSK ブース No. スマートXエリア ホール2 D002
公式ウェブサイト https://www.ceatec.com/ja/

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界