電動車用 希薄潤滑環境向け円すいころ軸受を開発

2019/10/10  日本精工 株式会社 

2019年10月10日

日本精工株式会社 CSR本部 広報部

電動車用 希薄潤滑環境向け円すいころ軸受を開発

~電動車の燃費・電費向上に貢献~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、電動車用希薄潤滑環境向け円すいころ軸受を開発しました。

この開発品は、希薄潤滑環境下での耐焼付き性を飛躍的に向上させることにより、ギヤボックスの信頼性の向上や潤滑システムの簡略化、高効率化、省スペース化を実現します。NSKは、本製品の売上として2025年に年間20億円を目指します。

NSKは、本開発品を2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)に東京ビッグサイトで開催される「第46回東京モーターショー2019」に出展します。

開発の背景


このリリースの画像:
▼円すいころ軸受
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1605314
▼供給潤滑油量を95%以上削減可能
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1605315

近年、地球温暖化に伴う環境規制強化を背景に、自動車の電動化が急速に進んでいます。多くの電池を搭載する電動車の課題及びニーズとして、燃費・電費の改善による走行可能距離の延長や車内空間の拡大があり、電動車のギヤボックスには、効率向上と共に省スペース化が求められています。このためギヤボックス用の軸受には、今まで以上にエネルギー損失の低減かつ小型軽量化が必要とされています。

一方、転がり軸受の中で、円すいころ軸受は玉軸受に比べ負荷容量が大きいため、ギヤボックスの小型軽量化にメリットがある反面、ころ端面-内輪つば面間で潤滑不足の際に焼付き易く、供給潤滑油量低減や潤滑供給システムの簡略化が困難という課題がありました。

開発品の特長

開発品は、潤滑不足の際の焼付きを防止するために、保持器ポケット部のころ端面と接触する部位に微細溝を付加することで、毛細管現象により潤滑油を保持する機能を持たせました。潤滑不足の際には、微細溝からころ端面に給油されるため、以下の効果を発揮します。

1. 潤滑油が遮断された走行モードで約7倍の耐焼付き性を実現

電動車には、潤滑ポンプが停止する電動走行モードや、潤滑油粘度が極めて高い極低温での発進など、潤滑油が軸受に供給されにくいモードが存在します。開発品は、潤滑油が遮断された走行モードにおいて、軸受が焼付くまでの時間を弊社標準品に対して約7倍に延長することが可能となります。

2. 供給潤滑油量を95%以上削減可能 ~攪拌損失ゼロを実現~

ギヤボックス内の軸受は、油潤滑方式の場合、潤滑ポンプによる強制潤滑や油浴、飛沫潤滑環境下で使用されます。開発品は、焼付きを防止するための供給潤滑油量を弊社標準品に対して95%以上削減可能なため、潤滑ポンプの小型化と潤滑油の攪拌損失ゼロを実現します。

3. 軸受の省スペース化を実現

開発品は、保持器形状の最適化によって、軸受幅の短縮が可能となり、弊社標準品に対して軸受の体積で約10%、質量で約5%の削減を実現します。

開発品の効果

開発品は、ギヤボックスの効率向上、小型軽量化、更には電動車の燃費・電費の向上に貢献します。

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界