関市小屋名地内における鉛による土壌汚染について

2019/10/10  岐阜県  

関市小屋名地内における鉛による土壌汚染について

本日(10月10日)、関市小屋名地内で、土壌環境基準を超える鉛が検出されましたのでお知らせします。

なお、この調査は、美濃土木事務所が河川工事の実施にあたり、土壌汚染の有無を事前に把握するため行ったものです。

1調査の概要

(1)所在地関市小屋名地内

(2)調査目的河川改修事業(一級河川津保川)において、美濃土木事務所が掘削予定土の土壌検査を実施したものです。

2調査の結果

採取日令和元年9月24日

結果確認日令和元年10月10日

土壌溶出量調査

項目 試料採取地点数 基準超過検体数 分析結果 土壌環境基準 基準超過倍率
1※ 0.014mg/L 0.01mg/L未満 1.4倍

※試料採取地点5点で採取した土壌を混合し、1検体として検査を実施しました。

※その他の項目についても調査を実施しましたが、基準超過はありません。

3汚染の原因

自然由来の可能性がありますが、現時点では不明です。

4今後の対応

(1)中濃県事務所において、土壌溶出量基準超過が判明した場所から半径80mの範囲内に井戸がないことを確認していますので、

「岐阜県地下水の適正管理及び汚染対策に関する要綱」に基づく周辺地下水調査は実施しません。

(2)美濃土木事務所は、中濃県事務所からの助言を受けながら、土壌汚染対策法に準じて、汚染土壌の適正な管理を行います。

発表資料 報道発表資料(PDF:179KB)

    問い合わせ先

    所属 美濃土木事務所河川砂防課
    電話

    0575-33-4011内線(320)

    FAX 0575-33-4901

    メール

    c26004@pref.gifu.lg.jp

    所属 中濃県事務所環境課
    電話

    0575-33-4011内線(213)

    FAX 0575-35-1492

    メール

    c20505@pref.gifu.lg.jp