第一生命が「攻めと守りの IT」を支えるハイブリッドクラウド基盤「ホームクラウド」を構築

2019/10/10  日本マイクロソフト 株式会社 

第一生命が「攻めと守りの IT」を支えるハイブリッドクラウド基盤「ホームクラウド」を構築

2019年10月10日 | Japan News Center

Microsoft Azure を採用、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた次世代システム基盤を実現

日本マイクロソフト株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志)は、第一生命保険株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役 社長: 稲垣 精二)が推進する次世代システム基盤「ホームクラウド」を構築したことを発表します。「ホームクラウド」は、全社的なデジタルトランスフォーメーションを推進するための基盤として、2019 年 9 月末より運用を開始しています。「ホームクラウド」は、Microsoft Azure 上で構築されており、PaaS を活用することで、システム構成やメンテナンスなどに関わる工数を省力化し、システム運用の効率化とビジネス要件に対する俊敏性向上を図っています。

「ホームクラウド」は、全社的な取り組みとしてデジタルトランスフォーメーションを継続していくことを目的にした第一生命の次世代システム基盤です。デジタルトランスフォーメーションの実現に必要となる、、既存システムのモダナイゼーションなどの「守りの IT(モード1)」と、環境の変化に対応する競争力強化を図る「攻めの IT(モード2)」の両方を支えるプラットフォームとして構築されています。

図1:「ホームクラウド」概念図

「ホームクラウド」では、オンプレミス環境とのデータ連携機能を共通サービスとして用意するとともに、クラウドとオンプレミス環境を統合的に運用できるハイブリッド運用環境を整備しています。また、「ホームクラウド」上で利用するシステムの運用をより効率の良い方法に最適化しながら、ビジネスの要件に対するシステムの俊敏性を高めるため、PaaS でのクラウド利用や、Azure DevOps と連携した開発を推進しています。

今後、第一生命は Azure PaaS をより積極的に活用し、グループ会社も含めた利用拡大や事業継続計画対応機能の拡充などを予定しています。

日本マイクロソフトは、第一生命と連携し、Azure PaaS をはじめとするクラウドを活用した同社のデジタルトランスフォーメーションを支援するとともに、第一生命が進める健康増進・QOL 向上に繋がる「予防・早期発見(Prevention)」の提供に貢献していきます。

図2: 今後の「ホームクラウド」

* Azure DevOps: 開発部門と運用部門が連携して開発を行い、開発サイクルの高速化を図る手法 DevOps を支援するためのマイクロソフトの包括的なサービス群。

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」企業像を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフト Web サイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Web サイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Web サイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Tags: Azure

他の画像

関連業界