LGBTの取組み評価指標「PRIDE指標2019」において2年連続最高評価「ゴールド」を受賞

2019/10/11  川崎重工業 株式会社 

LGBTの取組み評価指標「PRIDE指標2019」において2年連続最高評価「ゴールド」を受賞

2019年10月11日

川崎重工は、任意団体work with Prideが認定する、LGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)への取組み評価指標「PRIDE指標2019」において、昨年に続き最高評価「ゴールド」を受賞しました。

「PRIDE指標」は、企業・団体などで働くLGBTの人々が働きやすい職場づくりの実現を目的に、Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティ)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つの観点から評価が行われています。

今回は、当社がダイバーシティ推進の観点から、LGBTを含めた多様な人財の活躍推進のために、2019年度に以下の取組み などを行ってきた点が評価されました。

・「LGBTハンドブック」の発行
・社内SNSにて LGBTに対する理解を深めるためのコミュニティ「アライになろう」を形成
・「アライシール」を作成して賛同者に配布
・LGBT支援イベント「東京レインボープライド2019」「レインボーフェスタ!2019」への参加
・社内制度の拡充を促進
・当事者が性的指向または性自認に関連した相談をすることができる社外窓口「こころのケアなんでも相談窓口」を設置

LGBTの人々が働きやすい社内風土の醸成には、何よりも周囲の人の正しい理解が重要です。当社は今後も、 さらなる従業員への教育活動を進めるほか、当事者への支援などのLGBT支援を積極的に展開し、多様性が尊重され、あらゆる属性の従業員がイキイキと働きやすい企業風土の醸成を目指していきます。

他の画像

関連業界