クラメルト国連世界食糧計画事務局次長による中谷外務大臣政務官表敬

2019/10/10  外務省 

報道発表

クラメルト国連世界食糧計画事務局次長による中谷外務大臣政務官表敬

令和元年10月10日

  1. 本10日,午後4時から約30分間,中谷真一外務大臣政務官は,訪日中のウテ・クラメルト国連世界食糧計画(WFP)事務局次長(Ms. Ute Klamert, Assistant Executive Director of the United Nations World Food Programme)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 中谷政務官から,8月に横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)へのWFPの参加に対し感謝を述べるとともに,「日本企業との連携に向けた積極的な取組や,栄養に関するWFPの取組について,引き続きWFPと協力して事業を実施できるよう連携したい」旨述べました。

    2 これに対し,クラメルト事務局次長から,日本からの支援に感謝を表明するとともに,アフリカを含め世界の飢餓人口が増加する中で,日本との協力はこれまで以上に重要であり,日本企業との連携や栄養分野も含め,今後も協力強化を図っていきたい旨述べました。

    [参考1]ウテ・クラメルト国連世界食糧計画(WFP)事務局次長
    2019年2月に国連WFP事務局次長に就任。就任前はドイツ国際協力公社(GIZ)欧州・地中海地域・中央アジア局長を務めた。

    [参考2]国連世界食糧計画(WFP)(PDF)
    食料支援を通じた世界の飢餓と貧困撲滅を目的として緊急・人道支援を行っている国連機関。緊急食料支援,食料・栄養安全保障の確保及び復興を目的とする支援,途上国の経済社会開発を目的とする支援,人道支援物資等の輸送のための活動を行っている。

関連リンク

他の画像