LGBTに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」の最高位「ゴールド」を3年連続で受賞

2019/10/11  ソフトバンク 株式会社 

LGBTに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」の
最高位「ゴールド」を3年連続で受賞

2019年10月11日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、LGBTなどの性的少数者(以下「LGBT」)に関する職場における取り組みの評価指標「PRIDE指標2019」の最高位「ゴールド」を、2019年10月11日に受賞しました。「ゴールド」を受賞するのは、2017年から3年連続となります。

「PRIDE指標」は、LGBTにとって働きやすい職場づくりを実現することを目的に、任意団体のwork with Pride※1が2016年に策定した指標です。下記の5項目で構成されており、ソフトバンクは、全ての項目で高く評価されました。

  1. 1.

    Policy(行動宣言)

  2. 2.

    Representation(当事者コミュニティー)

  3. 3.

    Inspiration(啓発活動)

  4. 4.

    Development(人事制度・プログラム)

  5. 5.

    Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

ソフトバンクは、今後も多様な人材が能力を発揮して活躍できる環境を整えることで、個人と組織の生産性を最大限に高め、成長し続ける企業となることを目指します。

参考:LGBTに関するソフトバンクの主な取り組み

  • 社内規程上の配偶者の定義に同性パートナーを含め※2、配偶者を持つ社員を対象とした結婚休暇や慶弔見舞金などの社内制度を適用
  • 社員向けにLGBT関連相談窓口を設置
  • 社員向けにeラーニングやLGBT当事者によるセミナーを実施
  • LGBTに対する理解や受容の文化醸成に取り組む有志社員「アライ」の活動を促進
  • アジア最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2019」(主催:特定非営利活動法人 東京レインボープライド)の趣旨に賛同し、2019年4月28~29日の2日間、「レインボー」をテーマにソフトバンク表参道を装飾して啓蒙活動を実施
  • work with Prideが2019年10月11日に開催する、職場におけるLGBTの働きやすさを考えるカンファレンス「work with Pride 2019」の企画・運営を担う実行委員会に参画
  • 自治体などが発行する同性とのパートナーシップを証明する書類を提示したお客さまを対象に、家族であることを条件とする“ソフトバンク”や“ワイモバイル”の各種サービスを適用※3
[注]
  1. ※1

    work with Prideについては、こちらをご参照ください。

  2. ※2

    配偶者として認定されるには、ソフトバンクが定める書類を提出する必要があります。

  3. ※3

    同性とのパートナーシップを証明する書類が発行されていない地域にお住まいのお客さまでも、契約者住所が同じであれば同様に各種サービスを適用します。

「PRIDE指標2019」の「ゴールド」表彰マーク

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

他の画像

関連業界