【中越圏域】11月20日(水曜日)開催 みんなで暮らせる地域づくりフォーラム「ともに学び、ともに生きよう~どの子にも多様な学びの場を~」

2019/10/11  新潟県  

【中越圏域】11月20日(水曜日)開催 みんなで暮らせる地域づくりフォーラム「ともに学び、ともに生きよう~どの子にも多様な学びの場を~」

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0137868 更新日:2019年10月11日更新

長岡健康福祉環境部では、障害のある方が住み慣れた地域で安心して充実した生活ができるよう、障害についての理解を促進し、障害者の自立と社会参加を目指した支援体制の充実を図るため、「みんなで暮らせる地域づくりフォーラム」を開催しています。
令和元年度は、「ともに学び、ともに生きよう~どの子にも多様な学びの場を~」をテーマとして、教育を通じた障害者支援に関する講演と、義務教育、高等学校における教育、福祉それぞれの立場での支援についてシンポジウムを行います。
多くの県民の皆様のご参加をお待ちしております。

日時

令和元年11月20日(水曜日)
開場・受付:12時~
講演:12時35分~14時5分
シンポジウム:14時25分~15時55分

会場

長岡リリックホール シアター
(長岡市千秋3丁目1356-6 電話:0258-29-7711)

長岡リリックホール<外部リンク>

内容

1 講演 「共生社会実現のために必要なインクルーシブ教育とは ~特別支援教育と福祉の協働性~」
講師 梅田 真理 氏(宮城学院女子大学 教育学部教育学科 教授)


2 シンポジウム
「義務教育、高等学校における支援事例の紹介と意見交換」
シンポジスト
高井 章男 氏(新潟県立長岡明徳高等学校教諭)
金子 美也子 氏(長岡市立総合支援学校特別支援教育コーディネーター)
三浦 昌大 氏(小千谷市障がい者基幹相談支援センター相談支援専門員)
コーディネーター
梅田 真理 氏


3 会場受付付近にて、中越圏域内の障害福祉サービス事業所等による、お菓子・雑貨などの授産品販売を行います。

講師紹介 梅田 真理 氏

宮城教育大学言語障害児教育教員養成課程卒業。岐阜大学教育学部教育専攻科修了。宮城県立の養護学校、仙台市内小学校の知的障害特殊学級、通級指導教室(言語)で教鞭をとる。2004年から仙台市発達相談支援センターにて小学生から高校生の相談にあたり、2008年から国立特別支援教育総合研究所に勤務。2016年より現職。日本LD学会常任理事、特別支援教育士資格認定協会副理事長なども務める。主な研究内容は、発達障害、保護者支援、教育相談、通級による指導。

最近の著書に『発達障害の理解と指導』(大学図書出版2018)、『特別支援教育をサポートする読み・書き・計算指導事例集』(ナツメ社2016)、『実践 特別支援教育とAT 第3集』(明治図書2013)がある。

参加料

入場は無料です。

参加申込方法

「参加申込書」に必要事項をご記入のうえ、ファックスまたはメールにて下記申込先へ送信ください。
○ 申込先
新潟県長岡地域振興局健康福祉環境部 地域福祉課
ファックス番号:0258-33-4933
メールアドレス:ngt111430@pref.niigata.lg.jp
○ 申込期限 令和元年11月15日(金曜日)

みんなで暮らせる地域づくりフォーラム(開催チラシ・参加申込書) [PDFファイル/429KB]

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

長岡地域振興局 健康福祉環境部
地域福祉課
〒 940-0857 長岡市沖田3丁目2711番地1
Tel:0258-33-4937 Fax:0258-33-4933

他の画像