高市総務大臣閣議後記者会見の概要 2019年10月11日 - 冒頭発言 ●【給与関係閣僚会議】 質疑応答 ●ふるさと納税制度 ●公務災害 ●靖国神社の秋の例大祭

2019/10/11  総務省  

会見発言記事

高市総務大臣閣議後記者会見の概要

令和元年10月11日

冒頭発言

皆様、おはようございます。

【給与関係閣僚会議】

本日、給与関係閣僚会議及び閣議におきまして、国家公務員の給与について、人事院勧告どおり、本年度の給与改定を行うことを決定しました。
閣議決定では、地方公務員の給与改定につきまして、各地方公共団体において、地方公務員法の趣旨に沿って適切に対応するとともに、給与の適正化及び適正な定員管理の推進に取り組むよう、要請することとしております。
総務省といたしましては、各地方公共団体に対しまして、閣議決定の趣旨に沿って適切に対応するよう、本日付けで通知を発出し、要請することとしております。

私からは以上です。

質疑応答

ふるさと納税制度

問:
ふるさと納税の関係ですけれども、泉佐野市が今日、例の係争処理委員会から勧告を受けて、この間、除外の維持が決定されたことを不服として、高等裁判所に提訴する方針を記者会見で明らかにするのではないかと言われておりますが、今後の総務省の対応についてお伺いしたいと思います。
答:
泉佐野市が、どのような会見をされるのか、全く承知をしておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます。

公務災害

問:
先日、省の職員の方のご両親から公務災害の申請がありましたけれども、この件について受け止め、ご見解をお願いいたします。
答:
お亡くなりになった総務省職員の方のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族の皆様のご心痛をお察し申し上げ、お悔やみを申し上げます。
一昨日に、ご遺族の方、代理人弁護士の方が来省されまして、公務災害の認定に関する意見書を提出され、鈴木事務次官からご遺族に対して、謝罪をしたということでございます。
私といたしましては、一刻も早く公務災害が認定されますように、総務省としても、力を尽くしていきたいと考えております。
本当に、ご家族のことを思いますと、どんなに無念で、辛くて、悲しいことかと思います。心からお見舞いを申し上げます。

靖国神社の秋の例大祭

問:
来週、靖国神社で、また秋の例大祭が始まります。大臣は、これまでもずっと参拝してこられたので、今回も参拝するのではと思いますが、そういう理解でよろしいでしょうか。
答:
個人的なスケジュールについては、大臣会見の場では、コメントを差し控えさせていただきます。

問:
これで終了させていただきます。
答:
よろしいでしょうか。
大臣の動画はこちら(YouTube)