日ASEANスマートシティ・ネットワークハイレベル会合に牧原経済産業副大臣が出席しました

2019/10/11  経済産業省 

日ASEANスマートシティ・ネットワークハイレベル会合に牧原経済産業副大臣が出席しました

2019年10月11日

対外経済

10月8日(火曜日)及び9日(水曜日)、「日ASEAN スマートシティ・ネットワーク ハイレベル会合(以下、ハイレベル会合)」(国土交通省主催)が開催され、9日のハイレベル会合シンポジウムに牧原経産副大臣が出席し、挨拶を行いました。また、経済産業省は、8日の「スマートライフ」分科会を主催しました。

1.日ASEAN スマートシティ・ネットワーク ハイレベル会合について

ASEANスマートシティ・ネットワーク(ASCN)※への協力を推進するため、ASEAN10ヶ国(インフラ担当省庁次官級・局長級等)及び26都市の代表者を招へいし、全体会合、民間企業や日本自治体も参加するテーマ別分科会、シンポジウム、官民ビジネスマッチング等が行われました。この会合を含むアジア・スマートシティ・ウィークの10月8日~10月10日の参加人数は、約1,000人となりました。

※2018年議長国であったシンガポールのリードで開始されたASEANの取組。ASEAN10ヵ国から26都市が選ばれ、民間企業・諸外国との連携を通じたプロジェクトの推進が目的。

(参照)国土交通省報道発表資料

2.ハイレベル会合シンポジウムについて

10月9日のハイレベル会合シンポジウムにおいて、牧原副大臣が挨拶を行い、経産省の支援による横浜市でのスマートシティの事例を紹介しつつ、ASEAN諸国の取組への支援やデータ流通に関するルール整備などを改めて表明するとともに、両地域の更なる協力拡大への期待を述べました。

3. スマートシティ分科会の開催

10月8日、ハイレベル会合において6つの分科会が開催されました。その一つである「スマートライフ(ヘルスケア・教育・エネルギー)」分科会を経済産業省が主催し、ASEAN諸都市(ジャカルタ、マカッサル、フィリピン、シンガポール、チョンブリ)、有識者の方々によるプレゼンに基づき、活発なディスカッションが行われました。

担当

貿易経済協力局 総務課長 田中
担当者:工藤(総務課)

電話:03-3501-1511(内線3151)
03-3501-1664(直通)
03-3501-5912(FAX)

担当者:妹尾(通商金融課)

電話:03-3501-1511(内線3191~3194)
03-3501-5869(直通)
03-3501-0926(FAX)

他の画像

関連業界