「明日を拓(ひら)くモノづくり新技術2019」の参加者を募集します!~あいち産業科学技術総合センター、名古屋市工業研究所、ファインセラミックスセンター及び名古屋商工会議所による合同発表会~

2019/10/11  愛知県  

「明日を拓(ひら)くモノづくり新技術2019」の参加者を募集します!~あいち産業科学技術総合センター、名古屋市工業研究所、ファインセラミックスセンター及び名古屋商工会議所による合同発表会~

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月11日更新

あいち産業科学技術総合センター、名古屋市工業研究所、一般財団法人ファインセラミックスセンター及び名古屋商工会議所は合同で、11月29日(金曜日)に、「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター(豊田市)において、モノづくり新技術に関する合同発表会を開催します。
当日は、愛知県立大学教授の小栗宏次(おぐりこうじ)氏による最先端のAI・IoTに関する基調講演に加え、付加価値の高いモノづくりのイノベーション創出を目指す3試験研究機関の研究開発事例を発表します。また、合同発表会終了後には、「知の拠点あいち」の先端施設の見学会を行います。
皆様の御参加をお待ちしています。

1 日時

2019年11月29日(金曜日) 午後1時10分から午後5時20分まで
(受付開始:午後0時30分)

2 場所

「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター 1階講習会室
(豊田市八草町秋合1267番1 電話:0561-76-8306)

3 参加費

無料

4 定員

100名(申込先着順)
※見学会の定員は60名(申込先着順)

5 プログラム(詳細は案内チラシ [PDFファイル/285KB]を御参照ください)

13時10分~13時15分開会挨拶
13時15分~14時15分【基調講演】IoTバイオセンシングとAIデータマイニング※1
愛知県立大学 情報科学部 教授 小栗 宏次(おぐり こうじ)氏
14時20分~14時40分熱対策技術のための熱画像計測
(名古屋市工業研究所)
14時40分~15時00分シンクロトロン光※2の清酒酵母育種への利用
(あいち産業科学技術総合センター)
15時00分~15時10分休 憩
15時10分~15時30分エアロゾルデポジション法※3を用いたセラミックス膜の形成
(一般財団法人ファインセラミックスセンター)
15時30分~15時50分プラスチックの振動減衰特性評価
(名古屋市工業研究所)
15時50分~16時10分自動車軽量化のための熱可塑(かそ)性炭素繊維強化樹脂(CFRTP)※4の加工技術開発
(あいち産業科学技術総合センター)
16時10分~16時30分省エネルギーに貢献する輻射抑制膜の開発
(一般財団法人ファインセラミックスセンター)
16時30分~17時20分見学会
・あいちシンクロトロン光センター ・高度計測分析機器
・産業デザイントライアルコア ・重点研究プロジェクトII期成果活用プラザ

6 共催

あいち産業科学技術総合センター、名古屋市工業研究所、
一般財団法人ファインセラミックスセンター、名古屋商工会議所

7 申込方法

2019年11月25日(月曜日)までに、以下のいずれかの方法でお申し込みください。
(1) Webページ
名古屋商工会議所Webページのイベントカレンダーにアクセスし、必要事項を記入の上、御登録ください。
https://www.nagoya-cci.or.jp/event/event-detail.html?eid=1351
(2) FAX
あいち産業科学技術総合センターのWebページから案内チラシをダウンロードし、裏面の参加申込書に必要事項を記入の上、FAXで送付してください。Webページアドレス、申込先は以下のとおりです。
Webページ http://www.aichi-inst.jp/news/
申込先 名古屋商工会議所産業振興部 FAX:052-232-5752
参加証は発行しませんので直接会場にお越しください。
なお定員超過の場合のみ御連絡します。

8 問合せ先

○イベント全体に関すること
あいち産業科学技術総合センター 企画連携部
電話:0561-76-8306
○その他プログラムに関すること
(1) 名古屋市工業研究所 支援総括室
電話:052-661-3161
(2) 一般財団法人ファインセラミックスセンター 研究企画部
電話:052-871-3500
(3) 名古屋商工会議所 産業振興部
電話:052-223-8608

【用語説明】
用語説明
※1 データマイニング大量のデータを解析し、これまで知られていなかったパターンや傾向等の有用な知見を得ること。
※2 シンクロトロン光 光速に近い速度で直進する電子が電磁石によって進行方向を変えられた際に発生する光。赤外線からX線までの広い波長領域の光が含まれる。
※3 エアロゾルデポジション法 気体中に分散した微粒子(エアロゾル)を高速で基板に噴射し、高温で焼結することなく、常温で皮膜を形成する手法。
※4 熱可塑性炭素繊維強化樹脂(CFRTP) 軽量・高強度素材の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)において、母材を従来の熱硬化樹脂に代わり、熱可塑性樹脂を使用した材料のこと。
Carbon Fiber Reinforced Thermo-Plasticsの略。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)