ノバルティスとマイクロソフト、医療の変革を目指し人工知能を用いた共同研究を開始

2019/10/11  ノバルティスファーマ 株式会社 

ノバルティスとマイクロソフト、医療の変革を目指し人工知能を用いた共同研究を開始

2019年 10月 11日

プレスリリース

報道関係各位

ノバルティス ファーマ株式会社

この資料は、ノバルティス(スイス・バーゼル)が2019年10月2日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳・要約したもので、報道関係者の皆様に対する参考資料として提供するものです。資料の内容および解釈については英語が優先されます。英語版はhttps://www.novartis.comをご参照ください。

  • 複数年にわたる提携により、ノバルティスはデータと人工知能(AI)を活用し、医薬品の研究開発、商業化の手法に変革をもたらす土台を築く
  • ノバルティスは、社員がAIを様々な事業で活用できるよう、AIイノベーションラボを設立
  • 本共同研究は、ノバルティス・キャンパス(スイス)、ダブリンにあるノバルティス・グローバルサービスセンター(アイルランド)、およびMicrosoft Research Lab(英国)などで実施。当初は、加齢黄斑変性の個別化治療や細胞・遺伝子治療、ドラッグ・デザインに取り組む

2019年10月1日、スイス・バーゼル/米国・レドモンド発 ? ノバルティスはこのほど、データサイエンスを用いた革新的医薬品の研究開発を推し進めるため、「ノバルティスAIイノベーション研究所」を設立し、マイクロソフト社をその戦略的パートナーとして選定しました。この新研究所は、医薬品の基礎研究から商業化に至る過程でノバルティスのAI活用を強化し、世界中の患者さんに向けた革新的な医薬品の研究開発をさらに加速をさせることを目指しています。

ノバルティスとマイクロソフト社は、戦略的協力の一環として、複数年にわたる研究開発活動を実施します。この提携は、以下2つの目的に焦点を当てます。

1)?AIエンパワーメント:ノバルティス社員のデスクトップにAI機能を配備し、膨大な量のデータセットをマイクロソフト社の高度なAIソリューションと結びつけ、今後の医学的課題に取り組む新しいAIモデルとアプリケーションの創出を目指します。
2)?AI探索:AIの機能を活用して、生命科学における最も困難な計算上の課題のいくつかに挑みます。当初は、生成化学の分野や個別化治療を実現する画像処理および解析、細胞・遺伝子治療のより大規模な最適化に取り組みます。

また、マイクロソフト社とノバルティスは、これら2つの目的をベースにした将来のプログラムを支援するため、次世代のAIプラットフォームの開発にも協力していきます。全体的な投資には、プロジェクトの資金や特定の課題に応じた専門家の活用、技術、ツールなどが含まれます。

ノバルティスCEOのヴァス・ナラシンハンは、次のようにコメントしています。「弊社は、先進的な治療プラットフォームとデータサイエンスを駆使した製薬企業へと進化を続けています。患者さんの生活の質を改善するため医薬の未来を描くという私たちの目的の実現に今回のような提携は大きな助けになります。ヒトにおける生物学や医学に関する深い知識と、マイクロソフト社のAIに関する最先端の知識を組み合わせることで、医薬品の研究開発の手法が大きく変わる可能性があります。」

ノバルティスのデータ&デジタル

ノバルティスは、”Going big on data and digital” を重要な戦略的な柱として、先進的な治療法とデータサイエンスを駆使した製薬企業を目指しています。データサイエンスやデジタル技術により、研究開発の過程や患者さん及び医療関係者との関わり、さらに業務の効率化などに新しい手法を導入することが可能になります。デジタル分野に関して、ノバルティスは次の4つの点に注力していきます。
1)?12のデジタルライトハウスプロジェクト:デジタル化の強固な基盤を構築
2)?ノバルティスのデジタル化:シェアリングや学習、人材の獲得
3)?テクノロジー・エコシステムにおけるNo.1パートナーに:社内外の専門知識を橋渡し
4)?大胆なパートナーシップの追求:将来の医療に変革をもたらす大規模な提携の構築

ノバルティスについて

ノバルティスは、より充実したすこやかな毎日のために、これからの医薬品と医療の未来を描いています。ノバルティスの製品は、世界中の7億5千人以上の患者さんに届けられています。約10万5千人の社員が世界中のノバルティスで働いており、その国籍は約140カ国に及びます。詳細はホームページをご覧ください。https://www.novartis.co.jp

以上

ダウンロード(PDF 332KB)

    関連業界