困難を抱える若者に寄り添うフォーラムの開催

2019/10/10  鳥取県庁 

困難を抱える若者に寄り添うフォーラムの開催

2019年10月10日提供 資料提供


提供課等:子育て・人財局子育て王国課 担当/係名:青少年担当
電話番号:0857-26-7076 FAX番号:0857-26-7863

鳥取県では、ひきこもり等についての理解を深めるとともに、困難を抱える方や支援に携わる方の問題解決のきっかけとしていただくことを目的に、フォーラムを開催しています。
8回目となる今回は、ひきこもり支援の要となる家族に対する支援に焦点をあて、ひきこもり青年をもつ親の支援をライフワークのひとつとして取り組んでおられる神戸市看護大学
看護学部教授の船越明子先生をお招きし、御講演いただきます。
また、県内の相談・支援の事例や相談機関・支援体制についてもお話いただきます。

日時

10月22日(火)午後1時から3時45分まで

場所

倉吉未来中心2階 セミナールーム3(倉吉市駄経寺町212-5)

内容

(1)県内の支援活動報告(午後1時15分から)
とっとりひきこもり生活支援センター 代表 山本 恵子(やまもと けいこ)氏
よなご若者サポートステーション 総括コーディネーター 勝部 まゆみ(かつべ まゆみ)氏

(2)講演(午後2時15分から)
演題 「ひきこもり・不登校の理解と支援」
講師 神戸市看護大学看護学部教授 船越 明子(ふなこし あきこ)氏
講師プロフィール
2010年東京大学大学院医学系研究科博士後期課程修了博士(保健学)。児童期から青年期にかけてのメンタルヘルスを専門としており、
ひきこもりや不登校などの社会的孤立状態にある人への訪問支援などをテーマとして研究活動を行っている。また、ひきこもりや不登校
の当事者活動や家族活動への支援のほか、自治体やNPO法人が主催する支援者研修などにも数多く関わっている。
著書に「ひきこもり 親の歩みと子どもの変化」(新曜社)、「地域における引きこもり支援ガイドブック」(金剛出版)。

対象者

どなたでもご参加いただけます。

参加費

無料

主催

鳥取県

チラシ

chirashi.pdf


▲ページ上部に戻る

個人情報保護 | リンク | 著作権 | アクセシビリティ


鳥取県令和新時代創造本部広報課
住所 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。