立山砂防20世紀遺産シンポジウムを開催します

2019/10/10  富山県  

富山県は、日本イコモス国内委員会によって「日本の20世紀遺産20選」に選定された立山砂防の歴史的砂防施設群の世界遺産登録を、関係機関や民間団体等と連携協力しながら目指しています。
本シンポジウムでは、世界遺産の最前線で活躍する専門家による、世界遺産における20世紀遺産の意義や立山砂防が日本の20世紀遺産20選に選定された意義についての講演・パネルディスカッション等をとおして、立山砂防のその顕著な普遍的価値を広く世界に発信します。
※聴講のお申込みはリーフレットをご覧いただくか、関連リンクからどうぞ。

立山砂防20世紀遺産シンポジウム―日本固有の防災遺産 立山砂防の防災システムを世界遺産に―(世界遺産登録推進シンポジウム2019)

□日時 令和元年10月13日(日)13時30分~17時(開場13時)
□会場 ホテルグランテラス富山
(富山市桜橋通り2-28)
□定員 500名(入場無料・要事前申込)
□プログラム(日英同時通訳)
・講演1
「立山砂防と日本の20世紀遺産20選」
西村 幸夫氏(日本イコモス国内委員会顧問)
・講演2
「自然と共生した世界に誇れる防災遺産・立山砂防」
石井 隆一(富山県知事)
・映像上映
アニメ「立山砂防・土砂との闘い」」(英語字幕付き)
・パネルディスカッション
【コーディネーター】
西村 幸夫 氏(日本イコモス国内委員会顧問)
【パネリスト】
姜 東辰 氏(韓国 慶星大学校教授)
呂 舟 氏(中国 清華大学教授、中国イコモス副会長)
松浦 晃一郎 氏(第8代ユネスコ事務局長)
石井 隆一(富山県知事)
□主催 富山県世界遺産登録推進事業実行委員会
□共催 一般社団法人 日本イコモス国内委員会

【 情報発信元 】
総合政策局 企画調整室 電話:076-444-4493 [ お問い合わせフォーム

< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。