中西進 高志の国文学館館長講演会の開催について

2019/10/10  富山県  


生活環境文化部 文化振興課
担当:朝山 電話:
(直通)076-444-8929(内線)2628
令和元年 10 月 10 日
中西進 高志の国文学館館長講演会の開催について

大伴家持並びに越中万葉の魅力とともに、富山米新品種「富富富」
(ふふふ)をはじめとする
食文化など、本県の魅力を首都圏から全国に向けて発信するため、標記講演会を次のとおり開催しますので、当日の取材方のご配慮をお願いいたします。

1 日 時
令和元年10月14日(月・祝)<開場 12:30 開演 13:30 終了 15:00(予定)>
2 場 所
大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2)

3 開催趣旨
現存する日本最古の歌集『万葉集』
。その編纂に深く関わったとされる大伴家持は、越中国
守として赴任した 5 年間に、越中に関わる 223 首もの秀歌を『万葉集』に残しています。
また、新元号「令和」は『万葉集』を典拠としており、元号が国書から典拠されたのは初
めてのことであり『万葉集』は大きな注目を浴びています。
県では、この機会を捉え、県のふるさと文学の先人である大伴家持・越中万葉の魅力とと
もに、富山米新品種「富富富」
(ふふふ)をはじめとする食文化など、本県の魅力を首都圏か
ら全国に向けて発信するため、このたび、下記のとおり、中西進 高志の国文学館館長の講演会を開催するものです。

4 内 容
(1)富山県の文化施策等の紹介 石井 隆一(富山県知事)
(2)講 演「天に祈る家持」 中西 進(高志の国文学館館長・国文学者)

5 定 員
600名/入場無料
※要事前申込み(既に定員に達しています)
News Release