富士山マガジンサービスと合弁会社設立へ - 出版社向けECサイト運営支援・EC店舗運営を共同展開

2019/10/11  株式会社 イード 

Tweet 2019年10月11日

報道関係者各位

イード、富士山マガジンサービスと合弁会社設立へ
出版社向けECサイト運営支援・EC店舗運営を共同展開

株式会社イード

株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋、以下 イード)は、株式会社富士山マガジンサービス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:西野伸一郎、以下 富士山マガジンサービス)と、合弁会社の設立に向け協議を進めることについて合意いたしました。

イードと富士山マガジンサービスは、2019年7月16日に出版社向けのECサイト運営支援事業(マガコマース事業)において業務提携し(※)、共同で事業モデル等の検証を進めてまいりました。

検証の結果、外部環境の変化が目まぐるしく、競争が激しいECサイト運営事業においては、効率的かつ迅速にビジネスを展開するために、両社でそれぞれ独立して事業を推進するよりも、合弁会社を設立して事業を行う方が成功の確度が高いという結論に達しました。

このため、出版社向けのECサイト運営支援事業(ECサイト運営支援事業)及び、雑誌の世界観に基づくEC店舗の運営(EC直営店舗運営事業)を共同で行うことを目的として、合弁会社の設立に向けて協議を進めることについて合意いたしましたので、以下のとおり、お知らせいたします。

■合弁会社設立の概要・目的

イードは、ECサイト出店希望者に対し、高い費用対効果や自由度の高いカスタマイズが特長のECサイト運営ASPサービス「marbleASP ECサービス」と店舗運営に必要不可欠な商品企画・商品調達のためのマーチャンダイジング(MD)機能を提供することでECサイトの構築・運営支援を手掛けており、出版社領域においても成功事例を多数有しています。

一方、富士山マガジンサービスは、出版社の収益基盤の多角化を支援するため、出版社独自の企画商品、雑誌の記事連動商品を富士山マガジンサービスが管理する定期購読者データベースを活用して販売することができるECサイトの構築・運営支援を手掛けています。

本合弁会社は2019年10月中の設立を予定しております。合弁会社設立により、ECサイト上での店舗構築、商品企画、商品調達、潜在有力顧客向けのマーケティング支援パッケージといった、ECサイト運営に必要なツールを一気通貫で提供することで出版社の雑誌販売以外の収益基盤の早期確立の支援を目指してまいります。

設立する合弁会社の概要

名称:
株式会社イデア
所在地:
東京都渋谷区南平台町16-11
代表者の役職・氏名:
代表取締役 松延 秀夫
事業内容:
・出版社向けのECサイト運営支援事業
・自社でのEC店舗運営事業
資本金:
25,000,000円(予定)
決算期:
12月期
設立年月日:
2019年10月中予定
大株主及び持ち株比率:
富士山マガジンサービス80%
イード20%

なお、本件による当社の連結業績に与える影響は軽微です。

(※)2019年7月16日開示プレスリリース
「イード、国内最大級の雑誌定期購読サービスを提供する富士山マガジンサービスと出版社向けECビジネス支援で業務提携」

■本リリースに関するお問合せ
広報担当 問合せ窓口はこちら
株式会社イード
〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階
URL:http://www.iid.co.jp/

関連業界