LGBTもイキイキと働ける企業に! 「PRIDE指標2019」において最高位であるゴールドを受賞

2019/10/11  株式会社 アシックス 

LGBTもイキイキと働ける企業に! 「PRIDE指標2019」において最高位であるゴールドを受賞

国名: Japan
リリース日: 2019.10.11

株式会社アシックスは、このたび、職場におけるセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、最高位である「ゴールド」を受賞しました。国内スポーツメーカーでは、初の受賞となります。

本指標は、「企業・団体等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的に、任意団体「work with Pride」が2016年に策定したものです。
今回の認定にあたり、当社は以下の活動が主に評価されました。

【アシックスグローバル行動規範を改正し、「性自認」を追加】
アシックスは、人種、肌の色、信条、出身国、宗教、年齢、性別、ジェンダー、性的指向、 性自認、身体的または精神的健康、病状または遺伝情報に関係なく、法律および規則 の下での全ての適格者に、法律および規則に従って均等な雇用機会を与えます。
(アシックスグローバル行動規範より抜粋)

【規程・基準の改正(配偶者、結婚の定義)】
「結婚は法律婚及び事実婚のことを指し、事実婚には同性婚を含む。配偶者は法律婚及び事実婚の配偶者を指し、事実婚の配偶者は同性パートナーも含む」としました。

【LGBT相談窓口の設置】
相談内容に合わせて、社内外ともに窓口を設置。

【LGBT理解促進研修の実施】
窓口担当者を含む関係者に、LGBT理解促進プログラムを実施。

また、「ゴールド」受賞にあたり、取り組みをさらに推進するうえで必要となる施策を示す経営者宣言として「LGBT スポーツを楽しむ!」を掲げました。この宣言には、LGBTを含めた誰もがスポーツを楽しめる世の中を創っていきたいという思いが込められています。

当社は、中期経営計画「ASICS Growth Plan (AGP) 2020」のコア戦略の1つに「差別化されたイノベーションの創出」を掲げ、ダイバーシティを推進し、多様な人財の強みをイノベーションの原動力としています。今後も、多様な人財が能力を最大限に発揮できる環境づくりに継続的に取り組み、革新的な商品・サービスの創出に挑戦し続けます。

〇アシックスのダイバーシティ&インクルージョンについてhttps://corp.asics.com/jp/csr/diversity

〇アシックスグローバル行動規範
https://corp.asics.com/jp/p/code_conduct

他の画像

関連業界