LGBTに関する「PRIDE指標」 2年連続で最高評価の「ゴールド」受賞

2019/10/11  株式会社 ゆうちょ銀行 

お知らせ

お知らせ

2019年10月11日

LGBTに関する「PRIDE指標」 2年連続で最高評価の「ゴールド」受賞

ゆうちょ銀行は、このたびLGBT等に関する取り組みが評価される「PRIDE指標」において、最高評価である「ゴールド」を2018年度に引き続き受賞しましたので、お知らせいたします。

「PRIDE指標」は、LGBTに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体「work with Pride」が、企業等の取り組みを評価する指標として2016年に創設した評価制度です。

【参考:「PRIDE指標」の名称の由来】
5つの評価指標の頭文字から命名。
Policy (行動宣言)、Representation (当事者コミュニティ)、Inspiration (啓発活動)、Development (人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment (社会貢献・渉外活動)

ゆうちょ銀行は、性的指向・性自認に捉われず、社員一人ひとりが明るく活き活きと活躍でき、また、LGBTのお客さまにも安心してご利用いただける銀行を目指し、今後も、LGBTの理解促進・支援に取り組みます。

また、企業文化の抜本的な改革は一朝一夕でなしえるものではありませんが、LGBTを含むダイバーシティ&インクルージョンを、さらに積極的に推進してまいります。

関連業界