LGBT等の性的マイノリティに関する取り組みを評価する「PRIDE指標2019」で最高ランク「ゴールド」を受賞

2019/10/11  日立化成 株式会社 

ニュースリリース

2019年10月11日
日立化成株式会社

LGBT等の性的マイノリティに関する取り組みを評価する「PRIDE指標2019」で最高ランク「ゴールド」を受賞

日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:丸山 寿、以下、日立化成)は、企業・団体等におけるLGBT等の性的マイノリティに関する取り組みへの評価指標である「PRIDE指標2019」に初めて応募し、最高評価の「ゴールド」を受賞したことをお知らせします。

「PRIDE指標」は2016年6月に任意団体「work with Pride*1」が、企業・団体等の枠組みを超えて「LGBT」の方々が働きやすい職場づくりを日本で実現することをめざし策定した指標で、「PRIDE」の各文字に合わせた以下の5つの指標の総合点に応じて、ゴールド、シルバー、ブロンズの3段階で評価・表彰されるものです。

1.Policy(行動宣言:性的マイノリティに関する方針を明文化・公開)
2.Representation(当事者コミュニティ:性的マイノリティに関する意見を言える機会の提供(社内・社外の相談窓口、意識調査等))
3.Inspiration(啓発活動:性的マイノリティへの理解を促進するための研修の実施や社内発信)
4.Development(人事制度・プログラム:人事制度上の同性パートナーやトランスジェンダー社員の扱い)
5.Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動:LGBTへの社会の理解を促進するための社会貢献活動や渉外活動)

日立化成は、ダイバーシティ推進(Diversity & Inclusion)を経営戦略の一つとして位置づけ、さまざまな取り組みを行っています。性的マイノリティに関する取り組みの例としては、社員の理解向上を図るため、「職場におけるLGBTハンドブック」を作成したことや、手当、休暇等の社内制度を利用しやすいよう、「事実上の配偶者」届出手続きを改訂したこと等が挙げられます。 こうした取り組みの結果として、このたびの評価においても「ゴールド」を受賞できたものと考えます。 日立化成は、今後もダイバーシティの推進による多様な人財が活躍できる組織作りを通じて、自社の競争力を高め、グローバル市場での持続的な成長をめざしてまいります。

日立化成におけるLGBT等の性的マイノリティに関する最近の主な取り組みは、以下の通りです。

  • 「ダイバーシティ&インクルージョンステートメント」および「日立化成グループ行動規範」の中で、「性的指向」に対する尊重と差別の禁止を明文化。
  • 社員の理解向上を図るため、LGBTに関する基礎知識や困りごとに直面している当事者の声、職場としての対応等を記載した「職場におけるLGBTハンドブック」を作成。
  • 当事者の心理的不安を緩和するため、「LGBT Ally*2シール」を制作し、賛同する社員に配布。
  • 手当、休暇等の社内制度を利用しやすいよう、「事実上の配偶者」届出手続きを改訂し、同性パートナーシップ証明書を認定書類に追加。本人の希望により、秘匿のうちに認定手続き可能とした。
  • 採用のためのエントリーシート、社内意識調査等の性別欄に「男・女」のほか、「その他・または回答しない」を選択肢として追加。
*1
「work with Pride」について(http://workwithpride.jp/)
*2
アライ(Ally):味方、同盟者。LGBT AllyはLGBTについて理解し、支援する人。

以上

© Hitachi Chemical Co., Ltd. All rights reserved.

他の画像

関連業界