「RAINBOW CROSSING TOKYO 2019」に参加 - 日本初のダイバーシティに関するキャリアフォーラムにブース出展

2019/10/10  ユニリーバ・ジャパン 株式会社 

「RAINBOW CROSSING TOKYO 2019」に参加

2019/10/10

日本初のダイバーシティに関するキャリアフォーラムにブース出展

ユニリーバ・ジャパン(本社 東京都目黒区、代表取締役 社長兼CEO 髙橋 康巳)は、2019年10月19日(土)、日本初のダイバーシティに関するキャリアフォーラムとして渋谷で開催される「RAINBOW CROSSING TOKYO 2019」に参加します。

当社は、「Be Yourself」(自分らしくあること)が、一人ひとりが最大限能力を発揮し、ビジネスを成長させる基盤であるとの考えから、ダイバーシティ&インクルージョンを推進してきました。日本でも、世界共通の企業行動原則や成長戦略「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」に加え、パーパス(目的)を持つブランドの製品やキャンペーン、働く場所・時間を社員が自由に選べる新しい働き方「WAA(Work from Anywhere and Anytime)」、LGBT*支援プログラム「ユニリーバ・プライド・ジャパン」などの取り組みを通じて、誰もが自分らしくいきいきと働き、幸せに生きることが“あたりまえ”になる社会を目指しています。

「RAINBOW CROSSING TOKYO 2019」では、当社のダイバーシティ&インクルージョンへの考え方や取り組みをご紹介します。 ユニリーバ・ジャパンで実際に働いている社員ともお話していただけます。ぜひお立ち寄りください。

RAINBOW CROSSING TOKYO 2019について

「RAINBOW CROSSING TOKYO」は、2016年度から「LGBTも自分らしく働く」を考えるイベントとして毎年開催され、学生・社会人などのべ2,100名、企業のべ200社が参加しました。4回目となる2019年度は、LGBT* 、ジェンダー、エスニシティ、障がいにテーマを広げ、「誰もが自分らしく働く」ことをテーマとした日本初のダイバーシティに関するキャリアフォーラムとして開催されます。詳細・お申込はRAINBOW CROSSING TOKYOウェブサイトをご覧ください。

【日時】2019年10月19日(土)12:30~18:00

【場所】ベルサール渋谷ファーストB1階ホール (東京都渋谷区東1-2-20)

【内容】パネルトーク、企業ブース、経験談ブースなど

【主催】認定特定非営利活動法人ReBit

【申込】ウェブで事前申込(https://rebitlgbt.org/rct2019/

※イベント当日の取材を希望される方はReBit(rct@rebitlgbt.org)に事前にお申込ください。プライバシー保護の観点から一部撮影・ご取材いただけないエリアや時間帯があります。

ユニリーバ 出展内容

①パネルトークへの登壇 (13:30~14:30/講演会場) 「ダイバーシティ&インクルージョン推進と経営・組織~2020年の先を考える~」というパネルトークに、ユニリーバ・ジャパンの人事マネジャー /ビジネスパートナー岡田 美紀子が登壇します。

ユニリーバ・ジャパンのダイバーシティ&インクルージョンへの考え方や、女性を応援しているLUXの取り組み、LGBTに関わる取り組み、多様な働き方などをご紹介します。パネルトークに登壇する社員やLGBT*アライ、ワーキングマザーなど、さまざまな社員とお話していただけます。

当社の取り組みの概要は、ユニリーバ・ジャパンのウェブサイトの「ダイバーシティ&インクルージョン」のセクションでもご紹介しています。

*LGBTとは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称の1つです。性的マイノリティ(性的指向、性自認に関するマイノリティ)にはLGBT以外の多様なアイデンティティを持つ方もおられます。

これらのトピックスに関してもっと調べる

他の画像

関連業界